ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

カテゴリ: 関連本・作品

キャプチャ

ついに2月25日(土)より公開となる『彼らが本気で編むときは、』。
『かもめ食堂』や、『めがね』などで、日本映画の新しいジャンルを築いてきた荻上直子監督の5年ぶりの最新作だ。
本作は、優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)、そしてそんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモの3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの物語を描く。
リンコを優しく支える恋人・マキオを演じた桐谷健太。

桐谷と言えば、「元気」「明るい」キャラクターでおなじみだが、今回は今までの印象を180度違う、心優しくておっとりした雰囲気を持ちながらもトランスジェンダーであるリンコ(生田斗真)を支える役どころ。

マキオは世間の常識と思われている事柄にはとらわれたり惑わされたりせず、真っ直ぐに大切な事を見つめ、彼女を支える。

そんなマキオに対して、「きちんと大切なものを見つめる事ができる男性」として試写を見た女性をはじめ、キュンキュンしてしまったという感想が上がっており、桐谷の従来のイメージとの違いへの驚きも含め、注目を集めているのだ。
本作の主演に迎えられたのは、生田斗真。
性別を越えて、トランスジェンダーの女性役・リンコという難役に挑んでいる。

さらにリンコを生涯のパートナーとして支える優しい恋人役・マキオには桐谷健太。
子役にはオーディションで輝く才能を見せ、本作が映画本格デビューとなる柿原りんかを起用し、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦といった人気と実力を兼ね備える女優陣たちがメインキャストに名を連ね、本作を支えている。
桐谷といえば、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』では特殊メイクを施し臨んだ緑鬼や、『バクマン。』でも口が悪いものの面倒見がよく、漫画に対して情熱的な一面を持つ福田真太を演じるなど、”アツイ男”のイメージが強いが、今回桐谷が演じるマキオは、物腰が柔らかく、穏やかで落ち着いた雰囲気漂うキャラクター。そんなマキオについて桐谷は、『自分のこと以上に本気になって、喜べたり悲しめたりするひとだと思う』と語るように、リンコを一途に想い、嬉しいときも悲しいときも寄り添いながら支え、母親が家出をし一人きりになったトモに対しても、愛情をもって受け入れるような、物静かな見た目とは裏腹に、器が大きく男らしい一面を兼ね備える”ギャップ”を持っている。
今回のマキオ役を演じるにあたって、桐谷は荻上監督の旦那さんや、トランスジェンダーの友人からヒントを得たといい、『リンコさんを女性として守っていくこと、マキオの器の大きさや男らしさなども考えて、監督が想像しているマキオと、自分が想像しているマキオ像とをやわらかく一緒にしていった』と語っており、桐谷自身も”本気で”マキオと向き合う姿が垣間見える。
さらに最近では、本作でのマキオ役を始め、ドラマ『水族館ガール』ではヒロインに冷たく当たるぶっきらぼうな先輩役を、『カインとアベル』でも成績優秀でありながらも常に完璧でいなければならないというプレッシャーを抱える副社長役を演じるなど、これまでのイメージとは一味違う役柄にも次々とチャレンジし続ける桐谷は、今月5日に誕生日を迎え37歳に!

年を重ねるごとにますます俳優としての深みを重ねている”カメレオン俳優”桐谷健太の活躍に、今後も目が離せない。
そんな桐谷健太出演の話題作『彼らが本気で編むときは、』は、
2月25日(土)より全国ロードショー。
出演:生田斗真、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、門脇麦、柏原収史、込江海翔、りりィ、田中美佐子/桐谷健太 ほか
脚本・監督:荻上直子  配給:スールキートス
公式ウェブサイト http://kareamu.com

出典:“トランスジェンダーの女性”を優しく支える“超おだやか男子”を演じた桐谷健太。イメージとのギャップの大きさにも注目♡ 映画「彼らが本気で編むときは、」 | iLIP【イケメンニュース満載♡】

キャプチャ

映画『タンジェリン』は体当たりで生きている人々を体当たりで撮ったタフな"ガールズ"ムービー。

LAの一角にあるドーナツ店で、刑務所から出て来たばかりのトランスジェンダーの娼婦、シンディは、親友のアレクサンドラから聞き捨てならない話を聞く。どうもシンディの留守中に彼氏が金髪女と浮気をしたらしい。浮気相手を見つけ出してヤキを入れようと、街に飛び出すシンディ。歌手になることを夢見るアレクサンドラは、夜に予定している自分のライヴのことを心配しながらもシンディを追いかける。そして、二人にとって大変なクリスマスの一日が始まった。


(C) 2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED





USインディ界の新鋭、ショーン・ベイカー監督の新作『タンジェリン』は、トランスジェンダーの娼婦たちの日常をリアルに描き出す。そのためにベイカーは、映画の舞台となった悪名高い風俗地帯で知り合ったトランスジェンダー、キタナ・キキ・ロドリゲスとマイヤ・テイラーをヒロインにキャスティング。彼女たちから聞き取り調査をしながらストーリーを膨らませていった。さらに映画に臨場感を与えているのが、スマートフォンで撮影した映像だ。どんな場所でも手軽に、長時間に渡って撮影ができて、カメラを向けても演技初体験のキタナとマイヤにプレッシャーを与えない。そんな映画の題材にはピッタリな道具を使うことで、街の空気や登場人物たちの息づかいがリアルに伝わってくる。


(C) 2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

そんななか、ベイカーはシンディが巻き起こす騒動を通じてLAの隠れた横顔を明らかにしつつ、そこにアルメニア移民のタクシードライバーのエピソードも絡めて、路上にひしめくマイノリティの群像劇を力強く描き出していく。ロマンティックな雪も降らないし、感動の奇跡も起こらないシケたクリスマス。疲れ果てたシンディとアレクサンドラが最後に見せた友情が、クリスマスツリーのように輝いている。『タンジェリン』は、体当たりで生きている人々を体当たりで撮ったタフな"ガールズ"ムービーだ。




『タンジェリン』
監督:ショーン・ベイカー
出演:キタナ・キキ・ロドリゲス、マイヤ・テイラーほか
1月28日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか順次公開中
http://www.tangerinefilm.jp/


出典:映画『タンジェリン』:全編スマホで撮影したトランスジェンダーのタフなドラマ | Rolling Stone(ローリングストーン) 日本版

キャプチャ

阿部あかねによる新作BL「花といっくん」が、2月1日に発売された。

ディアプラス(新書館)にて連載されていた同作は、2016年に刊行された阿部の前作「花にくちづけ」の続編。鈍感なメガネ男子・いっくんと女装男子の花は、たまに痴話喧嘩をしながらもラブラブな同棲生活を送っていた。そんな中、いっくんは花のためにお金を稼ぎたいと家庭教師のアルバイトを見つけたが、そこで思いがけない横恋慕をされてしまい……。

なお協力書店、中央書店コミコミスタジオ、アニメイト、ホーリンラブブックス、まんが王、漫画全巻ドットコム、いまじん白揚では、単行本の購入者にイラスト入りの特典を配布。なお発売中のディアプラス2月号には、同シリーズの最新エピソード「花のせんせい」も掲載されている。




 


出典:阿部あかね「花にくちづけ」続編、鈍感メガネ×女装男子のラブラブ同棲生活 - コミックナタリー





俺得!萌える男の娘アニメ!忘却編!


キャプチャ

ミシェル・ロドリゲス(38)の最新主演映画「The Assignment(原題)」が、「炎上必至」と報じられている。

映画「ワイルド・スピード」シリーズや、海外ドラマ「LOST」などで知られるミシェルが「The Assignment」で演じたのは、トランスジェンダーの暗殺者という役柄。「敵の手に落ちた男性凄腕暗殺者が、医師により性転換手術を施され、“ヒットマンからヒットウーマン”へと変えられてしまい、復讐を誓う」という内容だ。

【動画】ミシェルが演じるのは“フランク”という役柄 映画「The Assignment」予告編



しかし米Perezhiltonは、同作がLGBTコミュニティから批判を受けていることを報道。その理由として、ひとつはトランスジェンダーの役を演じるのが、“女性”であるミシェルであること。彼らは実際に、男性から女性へと変わった俳優を使うべきだと主張しているという。

第二に、ミシェル演じるフランクが、本人の意思なく“無理やりに”性転換手術を受けさせられている点。まるで性転換が「罰」のような描かれ方をされていることが、批判の的になっているという。

同作を手がけたウォルター・ヒル監督は、RollingStoneに対し、「トランスジェンダーの方々を傷つける意図はない」と、彼らが抱える困難に理解を示し、本作は「毒々しく、無教養ではあるが、(LGBTを)非難するものではない」「自分がしたかったことは、一緒に成長してきたB級映画に敬意を表したかっただけ」と自作を擁護している。

出典:炎上必至? ミシェル・ロドリゲスが、トランスジェンダーの暗殺者を演じた新作映画が批判の的に[動画] | 海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ

キャプチャ

アニメ好きを公言しているのに、選り好みをしているのは、もったいないのではないだろうか? 特に腐女子向けと思われるアニメを毛嫌いしている男性などは多いはず。いや、殆どだろう。

今回はそんな人たちに「割りとイケんじゃね?」と思われるアニメを紹介したい。まあ、「ねえよ!!」と返す人が殆どだろうが、もしからしたら「いや、でも…これはこれで」となるかもしれない。

 この作品ではホモセクシャル的なBL要素は弱めになっており、美少年の女装がメインテーマとなっている。男の娘が出てくる作品と思えばみやすいかも。ただし、主要な女装キャラ声優は、朴ロ美以外は全て男性声優が演じているので、声での女性要素はそれほど期待してはいけない。

内容を簡単に説明すると、主人公の河野亨らが通う、私立藤森学園の高等部には、「“姫”制度」が存在しており、美少年は姫役となり、まるで、アイドルのように持ち上げられる。そこで河野たちは、男子校のヒロインとして、学校行事になどを盛り上げなければならない。コメディー要素が強めなので、ネタとしても結構見れる作品だ。

ちなみに主人公の河野は、福山潤が演じている。福山は他作品で、オネエ役や女装したキャラなども頻繁に演じているので、意外と違和感がない。朴が演じる、四方谷裕史郎とのやり取りもコミカルで、男同士のホモソーシャル的なやり取りが苦手な人でも結構行けるはず。ただしもうひとりのメインキャラである豊実琴を演じてるのは柿原徹也で、男の娘として見るならば、違和感はかなりのものかと…。しかし、作中では大体の展開で豊が振り回される状況になるのでストーリー的にはなくてはならないキャラだ。

衣装も豊富で、フリフリのドレスやナース服やらゴスロリなどなど、可愛い格好を一杯してくれるぞー。しかし、同タイトルの実写ドラマの方は責任が負えない。


プリンセス・プリンセス

『 咎狗の血 』

原作はNitro+CHiRAより発売された、バトル要素はあるものの、ガチガチのボーイズラブ系アダルトゲームなのだが、アニメ版は別の味わいが出ていて、これがまたクセになる。

いわゆる「シリアスな笑い」が満載なのだ。後半にいけばいくほど、戦闘シーンはおろか、通常のシーンでもやたら各キャラ乳首を出したがる。無理矢理感があるもの多く、これがかなり笑える。

拷問シーンやバトルなども、ネタ方面で人気の漫画『彼岸島』に通じるような強烈な意図しない笑いが、唐突に放り込まれることが多いので、油断をしていると腹筋を痛める危険性がある。

なお、放送当時はこの作品、作画崩壊かなりひどく、ストーリー展開も独自色の強かったことから、原作ファンには必ずしも喜ばしいアニメ化ではなかったことに注意しておいた方がいいだろう。同じNitro+CHiRA発売で2014にアニメ化された『DRAMAtical Murder』もそういえば作画崩壊酷かったなあ…。

咎狗の血(5) [ 茶屋町勝呂 ]
咎狗の血(5) [ 茶屋町勝呂 ]

咎狗の血

 

『 純情ロマンチカ 』

「ベッドシーンまであるガチのホモアニメじゃねえか!」とツッコミが来そうだがちょっとまってほしい。この作品は少女マンガ的なギミックでストーリーが展開していくのが特徴で、通常のホモっぽさとはまた違ったものがある。

主要キャラとなる主人公の高橋美咲が平凡な高校生。その恋人役であるうさぎ先生こと、宇佐見秋彦が強引な色男という設定。これはもう、王道少女マンガでよく使われるキャラ設定だ。主人公の悩みも、うさぎ先生がイケメンの男と親しくしていてヤキモチをやりたり、忙しくてかまってくれず不安になったりと、とにかく少女マンガっぽい。というか、かなり甘々で、思わずこの展開はいいかもなんて思ってしまうこともしばしばだ。

作中ではこの他に、2組のカップルがおり、計3組のカップルでストーリーが進行するのだが、どれも甘々だ。むしろ、つき合ったり別れたりを繰り返し、相関図が線だらけで曼荼羅みたくなる、過激なタイプの少女マンガ作品よりは、かなりクリーンな恋愛をしているのではないだろうか?

あと、この作品は必ずといっていいほど責め側のアゴの先端が平たくなっており、受け側のアゴが尖っている。これを念頭に入れて新キャラを「責めアゴだ!」「受けアゴだ!」と注目しながら視聴するのもいいかもしれない。
純情ロマンチカ 第20巻 プレミアムアニメDVD付き限定版 [ 中村春菊 ]
純情ロマンチカ 第20巻 プレミアムアニメDVD付き限定版 [ 中村春菊 ]

 紹介した作品以外にも、毛嫌いしていたジャンルのアニメが、見方を変えれば、もしかしたら面白いものになるかもしれない。食わず嫌いせずに挑戦してみてはどうだろうか?



出典:これで君も腐男子!? 挑戦してみて欲しい腐女子寄りのアニメ3選! | あにぶ

キャプチャ

徳間書店は、「月刊COMICリュウ」で連載された「ぼくらのへんたい」のコミックス最終10巻を、3月12日(土)に発売する。価格は620円(税別)。作品ページは、http://www.comic-ryu.jp/_bokuranohentai/

物語は、女装癖のある3人の少年が主人公。純粋に女の子になりたい「まりか(青木裕太)」、死んだ姉の身代わりとして母親を慰めるために女装する「ユイ(木島亮介)」、恋した先輩に求められるままに女装を続ける「パロウ(田村修)」の3人が、それぞれに傷つき、悩み、胸ときめかせながら、思春期の日々を懸命に生きる。思春期のハートを抱えたすべての人に向け、性別を超えた愛の物語を投げかけている作品だ。

本書の発売を記念し、著者のふみふみこ氏によるサイン会が、3月19日に新宿のブックファーストで行われる。

ぼくらのへんたい 10 [ ふみふみこ ]
ぼくらのへんたい 10 [ ふみふみこ ]

出典:漫画「ぼくらのへんたい」、最終となる10巻を発売 - WorkMaster(ワークマスター)

↑このページのトップヘ