ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

カテゴリ: 美輪明宏

キャプチャ
美輪明宏と瀬戸内寂聴。ともに80歳と93歳という高齢ながらも、常に世間からの注目を浴びる二人。そんな二人が揃って登場した「SONGS」(NHK総合 土曜23:30~)に漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、年に1回くらい恐る恐る見たいと賞賛する。

*  *  *
 とっぷりと日の暮れた山中の古民家に、囲炉裏をはさんで向かい合う美輪明宏と瀬戸内寂聴がいたら、そっと戸を閉めて両手を合わせるしかない。

 と、もはやこの世の者とも思えぬお二人が登場した「SONGS」。美輪さん80歳、寂聴さん93歳。

「大抵のことはしてきたけれど、まだしてないのはね、私、牢屋に入ったことないんですよ」と、今すぐデモに参加して、牢屋に入りたそうな殺気を放つ93歳。

 シャンソンを歌いあげた後、「アイラブユ~、エ~ブリバ~ディ~! 私の愛を持って行ってくださ~い、差し上げま~す!」と、高らかにのたまう80歳。

 もうカメラが引いたら、スタッフ全員拍手してたから。拍手っつーか、参拝だから、むしろ。

 二人合わせてそろそろ200歳対談部分は、長崎で行われたトークショーの録画ということで。

寂聴「今日はここに、生きた観音様がおいでくださってますよ」

美輪「長崎の皆様、ごきげんよう。私が、ただいまご紹介にあずかりました……仲間由紀恵でございます」

美輪明宏と瀬戸内寂聴。ともに80歳と93歳という高齢ながらも、常に世間からの注目を浴びる二人。そんな二人が揃って登場した「SONGS」(NHK総合 土曜23:30~)に漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、年に1回くらい恐る恐る見たいと賞賛する。

*  *  *
 とっぷりと日の暮れた山中の古民家に、囲炉裏をはさんで向かい合う美輪明宏と瀬戸内寂聴がいたら、そっと戸を閉めて両手を合わせるしかない。

 と、もはやこの世の者とも思えぬお二人が登場した「SONGS」。美輪さん80歳、寂聴さん93歳。

「大抵のことはしてきたけれど、まだしてないのはね、私、牢屋に入ったことないんですよ」と、今すぐデモに参加して、牢屋に入りたそうな殺気を放つ93歳。

 シャンソンを歌いあげた後、「アイラブユ~、エ~ブリバ~ディ~! 私の愛を持って行ってくださ~い、差し上げま~す!」と、高らかにのたまう80歳。

 もうカメラが引いたら、スタッフ全員拍手してたから。拍手っつーか、参拝だから、むしろ。

 二人合わせてそろそろ200歳対談部分は、長崎で行われたトークショーの録画ということで。

寂聴「今日はここに、生きた観音様がおいでくださってますよ」

美輪「長崎の皆様、ごきげんよう。私が、ただいまご紹介にあずかりました……仲間由紀恵でございます」

出典:美魔女じゃなくて“美魔物”? 美輪明宏と瀬戸内寂聴のSONGSがすごかった 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

キャプチャ

2012年のNHK紅白歌合戦の中で美輪明宏が披露した「ヨイトマケの唄」は世代を超えて絶賛され話題になりましたね。歌詞に差別語が含まれているという理由から放送禁止歌に指定されていたこともあり、若い人の中にはあのステージを観て初めて「ヨイトマケの唄」の存在を知った方も多かったことでしょう。

「ヨイトマケの唄」は小さな子供が日雇い労働をしている母の姿を見つめながらいじめられながらもがんばり、母が歌っていたヨイトマケの唄を思い出す…といった曲。聴き手の心に突き刺さる美輪明宏の歌唱力は圧巻。

そんなヨイトマケの唄が、9月5日(土)午後11:30からNHK総合で放送される「SONGS」の中でオンエアされることになりました。9月5日放送のSONGSでは美輪明宏と約50年の親交がある瀬戸内寂聴とのトークショーの様子もオンエアされます。また、「愛の贈り物」や菊池章子「星の流れに」のカバーも披露されるとのこと。

2012年の紅白で感動した方はもちろん、まだヨイトマケの唄を聞いたことがない人も要チェックです!

 

出典:あの感動をもう一度!美輪明宏の圧巻の「ヨイトマケの歌」がオンエア、瀬戸内寂聴との対談も | ガジェット通信

キャプチャ

月に1度は必ず美輪明宏さんと顔を合わせることがある。社会面のコラム「美輪の色メガネ」(毎月第1週土曜日掲載)の打ち合わせだ。私はその時、折角の機会なので時間の許す限り、思いつくままにいろいろな話をうかがうことにしている。先日は、ふとしたことがきっかけで、「会社員の生き方」についての話題になった。

 「どこの会社でもそうですけど、善良な人、いい人ねって回りから言われている方はほとんど出世しないのね。“あいつは嫌な奴だ”と周囲から嫌われる人間じゃないと組織の中では生き残れないのよ。出世することと仕事が出来る出来ないは全く関係ないの」

 この言葉に、なるほど、然り。思わず納得!?なんて。人格的にも優れ、才能豊かでテキパキと仕事をこなし、後輩たちから「理想の上司」と期待されている人ほど、社内の出世レースから取り残されやすい。そればかりか、逆に嫉妬され「出る杭は打たれる」で冷遇されたりするという。

 その理由は、ミワさまいわく「根が悪い人の方が欲深くて世俗的な物事に対するエネルギーが強いからなのね。いつも他人を蹴落としてでも自分だけ生き残ってやろうと考えているからでしょう。性格のいい人は、どんな時でも“お先にどうぞ”でしょ。何事にも淡泊なんですよ。その違いでしょうね」。

 「憎まれっ子世にはばかる」とは、よく言ったものだ。しかし、ここからが要注意!。自分が自分がと出しゃばる人間に限って往々にして仕事は二の次、いつも上役の顔色ばかりをうかがっているヒラメのような輩が多いという。そして、最悪なことに、「類は友を呼ぶ」。その手の人間は必ず自分と同じようなタイプの部下を集め、お山の大将になって徒党を組んで行動するようになるそうだ。

 「会社をダメにしているのは、実はこういう人たちです。そうなると必ず会社が傾きます。でも本人たちは全く気がついてないのね。だからたちが悪い。それを防ぐには、トップに立つ人がゴマすりに惑わされず、有能な人材をきちんと見極めて適材適所に登用すること」

 きっと、今、このコラムを読んでいるみなさんの中にも、「うちの会社のこと?」なんて思い当たるふしがある人も多いはず。まあ、もっともこれは会社だけの話ではありません。あらゆる組織、そう、どこかの国の政治にも同じことが言えそう。時に我欲に走る議員たちが大臣ポストばかりを気にして、目茶苦茶な安保法制を推し進める総裁を無投票で再選してしまうとか。

 みなさん、いずこも同じ秋の夕暮れを感じませんか?

出典:美輪明宏が語る「会社員の生き方」 善良な人は出世しない、でも… ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

キャプチャ
 「それで今日は何のお話かしら」。スポニチ本紙社会面で連載中の「美輪の色メガネ」(毎月第1土曜日)を執筆している美輪明宏さんとは、2005年11月にスタートした「世なおしトークあれこれ」以来かれこれ10年ほどのお付き合いになる。折角の機会なので、このコーナーで美輪さんの知られざる素顔と意外とお茶目なその魅力を思いつくままに紹介していければと思う。

 月に1度原稿の打ち合わせで必ずお目にかかっている。かつては週1ペースでご自宅にお邪魔していたこともある。恐らくてマスコミの人間の中で私が一番多く貴重なお話を直接拝聴しているのではないか。今では「美輪学校」の一番弟子と自負している。誠に幸せなことである。何せファンの間では、まさに神様のような崇高な存在。私を含め顔見知りのスタッフの何人かは、尊敬の念を込めてミワ様(もちろんご本人のいないところで)と呼んでいる。

 それにしても、あの知識量は半端ではない。まるでコンピューター並みだ。政治、経済、歴史、芸術、さらに恋愛問題から嫁姑の諍い、なんと子育てまでオールマイティ。答えられないものは何ひとつない。そんなミワ様に最近では仕事の話が済んだ後、図々しくも個人的な悩みにも乗ってもらっている。忙しい身だろうに、いつもどんなことでも優しく私の些末な話に耳を傾けてくれる。

 一昨年のこと、大学受験を控えた娘の相談をした。すると、ミワ様はしばし目を閉じ、「大丈夫よ」とひとこと。「マジですか」と半信半疑に問うと「あなた、私のことを信じられないの」。その一言に思わず「しまった」。そんなやりとりの1カ月後、娘は第1志望の大学に無事合格した。驚いた。偏差値が随分と足らなかったのに。後日、ミワ様いわく「彼女には強い女性の守護霊がついてるのよ」

 「美輪さんと仕事をすると幸せになれる」。そう話す業界人は多い。話だけでなく実際に成功を収めている人がいる。ミワ様は突然、「あなた、社長になるわよ」と目の前の人にお告げのように伝えることがある。「まさか僕なんてなれるわけがありませんよ」と苦笑いしていた人が何人も大企業のトップに上り詰めている。「あの人もこの人もそうなのよ。なぜかひらめくのよね」と当の本人は楽しんでいる様子だ。そう言えば、私の友人もある日、同様の指摘を受けて社長になったばかりだ。やはり何か見えない力が働いているのだろうか。

 不思議なのはそれだけではない。美輪邸の庭に植えられた何の変哲もないレモンの木には一年中、黄色く大きな実がたわわに実っている。「ただ水をあげてるだけなのにね」。こんな最強のパワースポットに私は毎月1度足を運んでいる。それだけでも幸せなのに、先日、ミワ様本人にお茶を入れてもらい饅頭まで運んでいただいた。ああ、身に余る光栄。「幸せは感謝することから始まるのよ」。まさしくおっしゃる通り。日々、感謝、感謝です。


出典:スポニチ 

美輪明宏ワールド全開「ロマンティック音楽会」チケット発売へ 高崎音楽祭(写真ニュース) - 高崎前橋経済新聞

キャプチャ
  「高崎音楽祭2015」の一環で開かれる美輪明宏さんの「ロマンティック音楽会」(10月2日)のチケットが7月9日、発売される。

【写真】例えばバラの花に埋め尽くされることを美輪さんが表現すると…

 美輪さんは1935(昭和10)年生まれだから80歳になるが、美ぼうも頭脳も衰えることなく幅広い分野で活躍している。昨年はNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の語りを担当した。

 「ロマンティック音楽会」は歌だけでなく、美術・照明・衣裳まで美輪さんが自身で手掛ける音楽プログラムで、毎年多くの都市で開催されている。一曲ずつ芝居のように魅せる演出と歌唱に定評がある。高崎音楽祭への出演は今回が初だが、2007年に高崎で開催したライブは1,400枚(2日間分)のチケットが発売とほぼ同時に完売したこともあり、今回もプラチナチケット化が予想される。

 会場は群馬音楽センター(高崎市高松町)、開演時間は19時。入場料は6,000円(全席指定)。定員は1932人。チケットは群馬音楽センター、高崎市文化会館など高崎市プレイガイド、ローソンチケット、e-plus、チケットピアで取り扱う。


キャプチャ


 長崎県美術館(出島町)で同日から始まる「瀬戸内寂聴展」(8月31日まで)開催記念事業として企画された同イベント。「戦争が人を一番不幸にする」と説く瀬戸内さんと、「戦後世代に必要なのは真の知識と教養」と訴える美輪さんは誕生日が同じということもあり、長年交流を育んできた旧知の友。戦後・被爆後70年を迎え、美輪さんの故郷でもある長崎で、戦争を体験した2人が「これからを生きるあなたへ伝えたいこと」をテーマに対談する。

 瀬戸内さんは1922(大正11)年5月15日、徳島市生まれ。東京女子大卒。「夏の終わり」(1963年)で第2回女流文学賞を受賞。「花に問え」(1992年)で谷崎潤一郎賞、「白道」(1996年)で芸術選奨文部大臣賞など多くの受賞歴を持つ。2006年には文化勲章受章。1973(昭和48)年、51歳の時に中尊寺で出家得度。京都嵯峨野の寂庵を中心に法話活動を行っていたが2014年、腰椎圧迫骨折と胆のうがんの手術により法話活動を一時中断。約1年間の療養生活を経て今年4月、京都・寂庵の法話を再開した。今回の長崎講演は活動再開後初の遠出となる。天台寺名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。執筆活動は現在も続けている。

 美輪さんは1935(昭和10)年5月15日、長崎県出身。小学生のころから声楽を習い、16歳でプロ歌手として活動を開始する。1957(昭和32)年、「メケメケ」が大ヒット。日本におけるシンガー・ソングライターの元祖として「ヨイトマケの唄」など、多数の作品を手掛ける一方、俳優、タレントとしても活躍。舞台・映画・テレビ・講演・著作と幅広く活躍する。寺山修司の「毛皮のマリー」や、三島由紀夫と組んだ「黒蜥蜴(くろとかげ)」ほか多くの舞台に出演。近年では宮崎駿監督のアニメーション映画「もののけ姫」「ハウルの動く城」で声優も手掛けた。「紫の履歴書」「人生ノート」「花言葉」など著書多数。

 長崎講演を前に瀬戸内さんは次のようにコメントを寄せる。「私はこの5月で満93歳になりました。去年、92歳になったばかりで圧迫骨折で病床につき、胆のうガンの手術までしました。死に損なってなぜかまた生かされたのです。あとわずかの余生を、小説を書き続け、戦争反対、原発反対に命を賭けたいと決心しました。そのため、神仏から再び生かされたのだと思います。大好きな美輪さんと、長崎でそんな話がしたいものです」

 美輪さんは直筆で「戦争とは政府からの赤紙一枚の命令書で、あなたの愛する家族、つまり父や夫や子どもや恋人が、必ずむごい殺され方をするということです。しかもそれは、あなたたちが選挙で選んだ人たちが出した命令書なのです」とコメントする。

 講演会では対談のほか、長崎新聞の連載企画「瀬戸内寂聴 心を照らす一問一答」に連動し、会場内で「公開お悩み相談」も予定。瀬戸内さんは同日10時から長崎県美術館で行われる開場式であいさつとテープカットを行う。


長崎で瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんがトークショー  - 長崎経済新聞

キャプチャ

 飄々としつつ、柔らかい…不思議な空気をまとった印象の中島歩。2013年に、主演・演出、美輪明宏の名舞台『黒蜥蜴』の雨宮潤一役でデビューし、翌年には連続テレビ小説『花子とアン』にて、仲間由紀恵扮する蓮子様と駆け落ちする宮本龍一を演じた中島が、『グッド・ストライプス』で映画初主演を果たした。役柄は、流れで結婚を決めた優柔不断な男子だ。

 マンネリ状態だった彼女の緑(菊池亜希子)が妊娠したため、そのまま結婚することにした真生(まお)役で、新たな顔を見せる中島。前半の真生は何を考えているのか分らず、正直、イライラしたと伝えると、彼も「いや、ホント。僕も最初に脚本を読んだとき、なんなんだ、こいつ。って思いました」と頷く。

 「まったく共感できなかったですね。結婚を決めるシーンでも、緑に“結婚する?”って訊ねる感じだったり。はぁ?って思いましたけど、でもそれが自分と真生との距離ですし、その距離を埋めることが、真生を理解する上で必要な作業になってくるので、監督とかなり話し合いました。それから菊池さんとのコミュニケーションをしっかりとるようにしました」と振り返る。

 緑との関係だけでなく、真生を理解する確かなパーツとなったのが、父親との関係だった。「真生は小さな頃に両親が離婚しているんです。僕には父がいますが、真生を理解するために、もし自分が真生と同じ立場だったらと考えました。その際、父親がいない時間をイメージするよりも、一緒にいた時間をイメージして、それが失われたことを思ったほうが実感として落としやすかった。小さな頃に父親とどんな思い出があったのか、具体的に想像しました」。
 

 本編では、後半、父親とのエピソードが重要になる。そこで、真生と緑、また観客との距離が一致に縮まっていく。

 「あの場面では、僕ではなく、真生として感情が沸き上がりました。俳優として大切な経験ができたと思っています。あっと驚くようなストーリー展開で見せる作品ではないですし、最初は不安もありましたが、作品を観て、ひとつひとつのやりとりにおもしろみを感じられました。随所にユーモアが感じられたのも発見でしたね」と話す中島。ちなみに中島自身にとって結婚は「あまりにも遠い壮大なスケールのもの(笑)」だそうだが、「恥ずかしいと感じることが一緒の人が理想」とのこと。

 さて、俳優デビューから2年あまりの中島にとって、やはり美輪の存在は大きい。13年の『黒蜥蜴』の稽古時には「“どうにもならないから、ほかの子いない?”と、降ろされる直前まで行った」こともあったと明かす。しかしそのことで、「自分でも見たことのないような本気が出せたんです。今まで本気だと思っていた域を越えることができるんだということを、美輪さんから教わりました」と感謝する。

 また美輪といえば、『花子とアン』のナレーションでも話題を集めたが、中島の演じた宮本も好評を博した。さぞや周囲の反響もすごく、環境も変化しただろうと思いきや、「友達や親せきから、ちやほやされるようになったくらいですね」とサラリとかわす。中島の飛躍は、始まったばかりだ。



『花子とアン』中島歩、美輪明宏に感謝 「降板直前まで行った」初舞台秘話を告白 - 映画 - ニュース - クランクイン!

↑このページのトップヘ