ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

カテゴリ: ミッツ・マングローブ

キャプチャ

マツコ・デラックスの友人で徳光和夫の甥、慶応大学出身のインテリ女装家──。そんなふれこみでミッツ・マングローブさんがテレビに登場するようになってから約7年。いまではすっかり独自の立ち位置を確立しミッツさんが、作家・林真理子さんとの対談で、昔の2丁目を振り返った。

*  *  *
林:ミッツさんはマツコさんと一緒に、いろんなイベントを企画したりしてたんですよね。楽しかったですか。

ミッツ:いま思うとね。当時は客が何人来るか、売り上げがいくらか、締め切りまでにこれをつくらなきゃと、カツカツ、ピリピリ、ドキドキでしたから、そう思う余裕もなかったですけど。

林:そういうイベントにお客さんがたくさん来て、テレビ局の人にも知られるようになって、それでタレント活動をされるようになったんですね。

ミッツ:そう。だから宴会芸みたいなウチらの芸を誰かが宴会でマネしてるかと思うと、世の中の変化の速さを感じますね。

林:でも、ミッツさんのマネは身長がないと難しいかもしれない。マツコさんは太った男の人がカツラをかぶればできそうだけど。

ミッツ:そうなんです。私はキャラクターにしにくいの。テレビに出始めのころは「キャラを立たせるために帽子かメガネでもしたら?」って先輩に言われたんだけど、それをしないのが私が狙うすき間産業だと思ってるんです。だから髪形やファッションもそんなに定着してないし、持ちギャグも定番のセリフもないでしょう。

林:そう言えばないですね。

ミッツ:そこがむしろ私のウリなのかなと思ってます。じゃないと、ビジュアルやキャラクターにインパクトのある、他の人たちにかなわないですよ。

林:2丁目には今もときどきいらっしゃるんでしょう?


ミッツ:近所に住んでるんで。行く店はほんの3、4軒ぐらいしかないんですけどね。ふつうのゲイの人たちが行くようなお店は、コワくて入れないから。

林:行ったらいじめられそう?

ミッツ:というか、6席くらいしかない狭い店の1席分とっちゃうのが申し訳なくて。みんな出会いを求めて店に行くわけですからね。だから女の人も、純粋なゲイバーにむやみに行くものじゃないですよ。今、2丁目は観光地化しちゃって女の子のほうが多いくらいだけど、そういう人に向けたお店がちゃんとありますから。

林:外国の方もいます?

ミッツ:いますね。中国や台湾の方が多いです。アジアのゲイシーンがここ10年ぐらいすごくオープンになってきましたから。

林:ミッツさんは初めて2丁目を訪れたとき、居心地がいいという感じ、ありました?

ミッツ:男として行ったときは、ヘエーという驚きでしたね。「あ、同じような人がいるんだ」みたいな。でも私たちははじかれ者というか、男にモテないやつらが自虐的にやったのが女装なんですよ。2丁目的な同性愛のヒエラルキーの中では、最下層なんです。

林:そうなんですか。初めて知りました。

ミッツ:トップは、顔がよくて筋肉があってファッションセンスがよくて、お金も持っているゲイの人。

林:そういう方ってどこにいるのかしら。

ミッツ:2丁目にもいますし、どこにでもいるんじゃないですか(笑)。

出典:女装は最下層? が同性愛ヒエラルキー語る 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

キャプチャ

ミッツ・マングローブ NGT48に移籍した北原里英に辛らつな一言

15日放送の「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)で、ミッツ・マングローブが、NGT48の北原里英に対し、辛らつな一言を投げかける場面があった。 

北原は現在、新たに新潟で発足したAKB48の姉妹グループ「NGT48」で、キャプテンを務めている。番組では、北原が新潟を1ヶ月ぶりに訪れて、現地にいるメンバーたちを指導する様子をVTRで放送した。 

VTR後、北原はメンバーの指導中につい感動してしまうと告白し、「若い女の子たちが頑張っているのを見ると涙が出てきてしまう」とコメント。北原はまだ東京を中心に活動しているが、仕事が増えたら新潟に住む予定なのだとか。 

出演者がこの決意に感心している中、ミッツはしみじみと「泣けてくるわよね、あなた。新潟にね…」と口にした後、一呼吸置いて「飛ばされたらね!」と声を上げたのだ。ミッツの発言に、北原は「いやいやいや!言い方が悪いですよ!」と抗議の声を上げていた。 

なお、北原は別番組出演時に、AKB48の活動に行き詰まりを感じていた中で、同グループの総合プロデューサーである秋元康氏からキャプテン就任を持ちかけられたと明かしている。 

 


出典:ミッツ・マングローブ NGT48に移籍した北原里英に辛らつな一言 - ライブドアニュース

キャプチャ

女装家でタレントのミッツ・マングローブ(40)が伯父の徳光和夫アナウンサー(74)と20日、千葉・袖ケ浦海浜公園で行われた氣志團主催のロックフェスティバル「氣志團万博」に初出演し、夫婦漫才ならぬ“親戚漫才”で盛り上げた。

 登場するや、2人で「ズームイン」と、人さし指を突き出すポーズ付きでノリノリ。79年から徳光アナが司会を務めていた日本テレビ系「ズームイン!!朝!」のフレーズを決め込んだ。

 その後、徳光アナは「我々親戚です」と紹介し、ミッツも「40(才)の甥っ子と70(才)の伯父が人様の前に立ってすいません」と頭を下げた。徳光アナは氣志團のメンバーも紹介。楽屋の中で小声で練習していたようで、ミッツは「(楽屋で)般若心経でも唱えているのかと思った」と回想し、笑いを誘った。

 ミッツがミニスカワンピース姿で「メロン娘とオレンジ娘」を熱唱すると、徳光アナもステージ脇でリズムに合わせ、軽やかなステップを踏んだ。

 気分をよくした徳光アナは、「思わず、叫びたくなる」と言い、総合司会を務めた日本テレビ系クイズ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」の掛け声を絶叫。「ニューヨークへ行きたいかぁー!」。ミッツは「これとズームインで徳光家は40年食ってきてます」と説明した。

 同フェスティバルは、03年、06年に氣志團単独で実施していた同名のコンサートを、12年に氣志團の結成15周年に合わせてフェススタイルに変更。6回目の開催となる今年は2日間で31組が出演し、4万4000人が集まった。


出典:徳光和夫&ミッツ・マングローブの親戚漫才に爆笑 - 芸能 : 日刊スポーツ

キャプチャ
「何にも縛られず、自分に正直で、堂々と生きているミッツさんて、うらやましい!」

 そんな言葉を投げかけられると、伸ばした背中を丸めたくなる。だって「男のできそこない・女のなりそこない・ゲイの落ちこぼれ」という3種盛りの完成形が私なのだから──。

 40歳になったミッツ・マングローブの自伝。子ども時代、ロンドン暮らし、音楽、女装人生、恋愛などについて語り、「普通ではない」人生を初めて明かした。

 本名は徳光修平。父親は伊勢丹の宣伝部、母親は元博報堂のコピーライターで、生家は横浜。ハイセンスなイケイケ夫婦の間に生まれた修平は、体が大きく、言葉も早く、いわゆる「賢い坊や」だった。紛れもない男として生まれ育ちながら、成長するにつれて、普通ではない自分に戸惑う。

「僕」や「俺」が言えない。男の服が似合わない。セクシュアリティーは「男として同性が好きな同性愛者」。女の心を持っているわけでもなければ、女になりたいわけでもない。しかし、小さいころからの女装癖は強まるばかり。「女装が好きな男性同性愛者」という立ち位置は複雑だ。ロールモデルのない人生をひとり手探りするうちに、徳光修平の存在がだんだん薄くなり、ミッツ・マングローブに取って代わられることになる。

「奇麗ですね」と言われても喜べない。本来ゲテモノであるべき「女装家」にとってはうれしくない言われ方だし、オカマとしても中途半端。でも、その中途半端さが、大衆にとってはちょうどいいゲテモノ世界への「入門編」なのでないかと、自分の存在を冷めた目で分析する。これでもうらやましい? と読者に鋭く問いながら、ミッツは自分で切り開いた退屈しない人生を前に向かって進んでいる。

うらやましい人生
ミッツ・マングローブ
新潮社
2015-04-10



出典:日刊ゲンダイ|「うらやましい人生」ミッツ・マングローブ著P1

「報道圧力」でテリー伊藤、デーブ、ミッツらが”サンジャポ”で超激辛コメント! (1/2)
キャプチャ


●残念ながら、問題発生の後の1週目の放送では、『サンデー・ジャポン』も放送せず。
政治も芸能ネタも社会的な事件も、一緒に笑いの毒で包み込む、タブーに挑戦しているこの番組も「報道圧力発言」については、その発言の後ろにある「圧力」を感じて怖気付いたのか、最初にニュースになった週末の6月28日(日)の放送ではまったく触れず、だった。

自民党の勉強会での”報道圧力発言”問題があったのは、6月25日。

この問題をテレビが一斉に放送したのは翌26日。

持論を変えず、「マスコミを懲らしめる」という発言を繰り返す大西英男議員。

また「オフレコに近い発言で冗談として言った」「発言を盗み聞きされた」と報道陣を批判して居直り姿勢の百田尚樹氏。

「爆笑問題」の2人が面白がってネタにしそうなテーマでこれだけ役者がそろっているのに、この日の『サンデー・ジャポン』はこの問題を扱わず、「ひるんでいるのかも…」と感じさせた。

キャプチャ

3日放送の「ビートたけしのいかがなもの会」(テレビ朝日系)で、ミッツ・マングローブが、日本人特有の謎の笑いに、疑問を投げかける場面があった。

番組では、出演者が日常生活での「いかかがなものか!?」と思う習慣や文化などを挙げ、トークを展開。そのなかでミッツは、「日本人の謎の笑いはいかがなものか!?」と議題を投げかけた。

ミッツはこの謎の笑いについて、「なんか気持ち悪いなって思ってるんだけど」とコメントし、「よく街頭インタビューとかで、女の人ふたりとかが、『別にいいとは思いますけど、ハハハァ~』とか、必ず笑うのよね」と説明した。

さらに、自身が街で声をかけられた出来事を取り上げ、「『ミッツさんですよね、ハハハァ~』って、なに人の事を確認しといて笑うの、この人?」と不満気に話すと、出演者も「あるある」と口を揃えた。

その行為が日本人特有のものなのかと、話し合いに入ろうとしたところに、マツコ・デラックスが「しょうがないわよ、笑われたって」と自嘲気味にコメント。すると、ミッツも「私たちはね…」と同調し、スタジオの笑いを誘った。



ミッツ・マングローブが日本人の謎の笑いに嫌悪感「気持ち悪い」 - ライブドアニュース




 女装家でタレントのミッツ・マングローブが3日、金曜レギュラーを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」に出演。「最後にキスした女性」の名前を明かした。

 この日のゲストコメンテーターは女性ロックバンドのパイオニア的存在、SHOW-YAのボーカル・寺田恵子(51)。プリンセス・プリンセスやSHOW-YAが大好きというミッツはノリノリでトークを展開。SHOW-YAの打ち上げにも参加したことを明かした後、伝説的女性ロックバンドについて「打ち上げでもキスしてくるんだから」とマル秘エピソードを披露した。

 ミッツは「人生最後にキスした女性はSHOW-YAのベースの仙波(さとみ)です」と苦々しい表情で告白。金曜コメンテーターの中尾ミエが「人生最後、って。まだあるじゃない」と女性とのキスは最後だと強調するミッツにつっこみを入れると、「もうやです、もういやです」と渋い顔で拒否した。



ミッツ最後にキスした女性の名前明かす/芸能/デイリースポーツ online

↑このページのトップヘ