ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

カテゴリ: 楽しんご

キャプチャ

2013年7月、元付き人男性を暴行したとして傷害容疑で書類送検され、芸能界から姿を消したお笑いタレント・楽しんごが25日、フジテレビ系で放送された「芸能界PTAワケあり芸能人の親大集合SP」に出演。「あの時の自分は本当に未熟だったとすごい反省しています」と“謝罪”した。また、母・勝子さんが暴行騒動後の楽しんごの体に起こった異変などを明かした。

 事件は昨年11月に示談が成立し、不起訴処分となった。

 勝子さんとスタジオ収録に参加した楽しんごは、再現VTRの中で「あの時の自分は本当に未熟だったと今でもすごい反省しています。親や家族には顔向けできないぐらいの気持ちでした」と騒動を振り返った。


 暴行騒動後は実家に逃げるように帰った楽しんご。勝子さんによると、2カ月後には体重が13キロも落ち、「気付いたら、(寝ていても)目を開けっ放し。体も硬直したかのような感じで。恐ろしい状態になっていました」。トイレにも1人で行けないほど、精神的にも肉体的にも変調をきたしていたという。

 現在は騒動前から続けている副業の整体師の仕事を続けている楽しんご。タレントとしての仕事は「月に1回か2回。スーパーの営業とか」ぐらいとも明かした。



出典:楽しんご 暴行騒動TVで「反省」/芸能/デイリースポーツ online

キャプチャ


2013年7月21日、自宅で元マネージャーの男性の顔・腹を複数回殴り、軽傷を負わせたとして、2014年1月14日、警視庁に傷害容疑で書類送検された

元付き人男性への暴行疑惑が報じられ、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから厳重注意処分を受けた楽しんご

「僕と彼とは半同棲のような状態で一緒にいた。 
普段からじゃれ合うような仲だったので、その延長線だと思っていた」などと弁明

そんな、今...経営していたサロンや飲食店が続々と閉店しているという




色々やらかした楽しんごさん....現状はかなり散々みたい - NAVER まとめ

キャプチャ


「ラブ注入」でお馴染みのお笑い“ゲイ人”楽しんご。

 2013年、男性マネジャーへの暴行容疑で書類送検されたと報じられて以来、自身の経営する整体院を中心に活動を続けてきたが、現在、事件は示談が成立、不起訴処分となり昨年末にはテレビにも復帰。この春からは本格的に芸能活動も再開するという。

 そんな楽しんごの近況観察を兼ねて、整体院に突撃してみた。

 東京・赤坂の「やさしんご整体院」では、楽しんご本人がお出迎え。

 まずは暴力事件について「あれについては言いたいことがたくさんあるから近日中に話すわ。むしろあの出来事のおかげで、本当に信頼できる人間が誰なのかということがわかって感謝してるのよ」と話す。

 楽しんごの整体院といえばフンドシ姿での施術で話題を呼んでいたが、なんとフンドシを着用していた店舗(横浜店)が警察の指導によりフンドシ廃止に!

「確かに最初はシモ系の店かと思われて、ゲイの人からたくさん問い合わせがあったけど、誤解されないようにしていましたね。逆に、施術中に体を触られたことは一度もなかったの。むしろ、あって欲しかったんだけど。あと、実は女性客が圧倒的に多いから、フンドシだと目のやり場にも困るしね~……え、僕? 出張マッサージを指名して頂ければナマで履きますよ。オプション料金が発生しますけど。悪いけど僕めっちゃ、モッコリさせるから!」と未練を覗かせる。

 肝心のマッサージに関しては、超有名スポーツ選手も通っているというだけに技術は確か。楽しんごが中国や東南アジアなどで習得したオリジナルの技術を、スタッフに伝授しているという。

「僕の技術は誰にもマネできないと自負してるし、この世界でナンバーワンになりたい。40歳までに、海外含め150店舗出すのが目標なの」と自信満々だ。

 そこまで言うなら……とSPA!女性記者も、楽しんごの施術を体験してみた。

 すると意外や意外、ふざけているようで不具合のあるツボを的確に突いてくるため、かかとに軽く触れられただけであまりの激痛に全身から脂汗が吹き出し、悲鳴を上げた。

「ここが痛い人は腎臓が悪い人、生殖器を使ってない人よ」

 男日照りぶりをまんまと当てられ、焦る記者。なぜわかるんですか?と言う暇もなく「あなた全然SEXしてないみたいだから、僕が突いてあげる」と上から激しくピストン運動をされ悶絶。ゲイじゃなかったのか?



楽しんごプロデュースの整体院は意外とレベルが高かった!? | 日刊SPA!

↑このページのトップヘ