ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

カテゴリ:ノンケトレンド > 衝撃!

キャプチャ
いったいどうやったら結婚できるのか?!そんなに可愛くない子でも結婚していたりするし、何が違うのか全然分からない!そんなお悩みの独女は、お手持ちの下着を見直してみると良いかもしれません。
今回は筆者の周囲のアラサー独女、既婚女性それぞれに下着への扱いや意識をリサーチしてみました。決して侮れないと思われるリサーチ結果でした。
◆バーゲンで下着を買わない
賢くバーゲンで安く下着をゲットする女性の方が結婚に向いていそうですが、実は要注意です。確かに、元値が高い下着をバーゲンで安くゲットできた方が、もともと安い下着よりも機能は良いかもしれません。
しかし、ちょっと待ってください。バーゲンで下着を買う際って、心から気に入ったものに出会えることはなかなかありません。上下バラバラの下着を無理やり合わせたり、本当はちょっとサイズが合わなかったり微妙に気に入らないデザインのものを妥協して買うことが多いのではないでしょうか。
「売れ残り」の下着を買うという行動が、無意識に自ら売れ残る女性に導いてしまっているのかもしれません。もちろん、全く気にしない方は良いですがどこか「バーゲンでしか買えない自分」に引け目があるなら要注意です。
◆下着を手洗いする
最近の洗濯機は性能も良いので、ネットに入れて洗えばそんなに痛むということはありません。しかし、筆者の周囲を見ていると下着を手洗いして大事にする女性の方が圧倒的に既婚率が高かったのです。
下着を手洗いすることは自分を大事にすること。ひいては他人から愛されることにつながっているのかもしれません。
◆勝負下着を設定してる独女はモテない
「勝負下着」を設定するということは普段は手抜きということが言えます。結婚した方が手を抜きそうですが、結婚してから数年経ってもダンナさんとラブラブな人妻に聞いてみると毎日が「勝負下着」。
同じ空間にいて洗濯物が目についたりしやすいからこそヨレた下着を着用しないそうです。見られる相手がいないからといってヨレた下着を平気で着用している独女には耳の痛い話ではないでしょうか。
◆下着を捨てられない女は、男も捨てられない
「あと1回着けてから捨てようかな」「まだ着れる」と思ってなかなか下着を捨てられない女性は、腐れ縁のセフレや不倫相手とズルズル続いてしまって婚期を逃す傾向が強いようです。下着を「断捨離」することで新しい出会いにつながるかもしれませんね。
また、同棲していても平気でボロいパンツを干せる感覚は、彼からのプロポーズを遠ざけてしまうのかもしれません。一緒に住んでいる彼がいてもいなくても「女」としての意識を忘れない感覚が重要のようです。
以前独女ライターのリレー連載でノーパン生活を送ってみた時に、薄い下着1枚がここまで影響を及ぼしていたのかと驚きました。たかが下着、と思うかもしれませんが毎日私達が身に着けるものですから間違いなく影響を受けています。
科学的な根拠のある話ではありませんが、下着を粗末に扱うことは、自分を粗末に扱っているのと同じなのかもしれませんね。クローゼットの下着を見直してみることで、出会いが増えるかもしれませんよ!

出典:【衝撃】結婚できない理由はあなたの「ブラジャー」にあった|GTニュース|GIRL'S TALK - Ameba

キャプチャ

チリ・サンディエゴを拠点に活動するアーティスト、DenstことJeampiere Dinamarca Poqueさんさんが手掛けるボディーペインティングアートは、実にセンセーショナル。

女性のカラダを上下、あるいは左右に分離。力任せに引き裂いているかのように見えるそれは、激しく痛々しく、そして同時に神秘的で、見る者の心を揺さぶる。

ボディーペイントのみならず、絵画・グラフィティ・ストリートアート、さらにはストップモーションアニメなどを手掛けてきた彼による作品が今、世界で注目を浴びている模様です。

【女性のカラダをキャンバスに】

Denstさんのボディーペイント作品は、公式フェイスブックと、動画サイトYouTubeの公式チャンネルで、その全容を見ることができます。調べてみると彼、先に挙げた「女性のカラダを引き裂いている」モチーフのほか、「女性のカラダに穴が開いている」作品も数多く手掛けているみたい。

【どんなメッセージが込められているのだろう……】

女性のカラダをフィーチャーすること。さらにはそれらに、グロテスクとすら思えるアートを施すこと。Denstさん自身が、この点に関して大きく言及してはいないようなのですが、印象的すぎる作品群なだけに、なんらかのメッセージ性が隠されているのではないかと、つい推測せずにはいられませんっ。

【ネットの声】

現在動画サイトYouTubeにて公開されている、ボディーペイント作品制作の様子をとらえた映像には、以下、たくさんの声が寄せられておりました。

「めちゃくちゃクールだ! 音楽もいい」
「こういうの、やってみたいなぁ」
「素晴らしい」
「くすぐったいのがダメな人は無理ね」
「デスクトップ画面にしたい」
「こういうタトゥー入れたい」
「最高」

【タトゥー……かぁ……】

おんなじモチーフのタトゥーを入れるのは、その、なかなか勇気が要りそうだけれど……。そうしてみたいと思ってしまう気持ちは、わからなくもない、かな?

多くの人々の心を惹きつけてやまない、Denstさんのボディーペイント作品。フェイスブックにたくさん作品が公開されているので、気になった方はさっそくチェックしてみてね!

キャプチャ
 

出典:女性のカラダが引きちぎられている…!? 衝撃的すぎるボディーペイントアートに目が釘付けっ!! | Pouch[ポーチ]

キャプチャ
ニューアルバム『バーニング・ブリッジズ』を8月21日にリリースしたボン・ジョヴィのフロントマン、ジョン・ボン・ジョヴィが中国語の曲を歌いネット上で公開し反響を呼んでいる。

ジョンが中華圏のファンへ向けて映像を公開したのはテレサ・テンの「月亮代表我的心」のカヴァー。中華版バレンタインデーといわれる8月23日が七夕節に合わせジョンが中国語の発音を確認しながら歌っている。

ボン・ジョヴィは9月に上海、北京、台湾、韓国などを回るアジア・ツアーを予定しているため、そのプロモーションの一環としてこの歌を撮影したそうだ。


出典:ボン・ジョヴィが中国語でテレサ・テンを歌いあげる衝撃映像がネット上で話題に - AOLニュース

キャプチャ

突然のストームと雷。空港で偶然撮影された衝撃の落雷シーンがネット上で拡散中だ。

8月18日、アトランタのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港で撮影されたこの映像。突然の大雨の中で、滑走路上にいたデルタ空港の米ボーイング社の737-900R型機に雷が直撃。旅客機の尾翼の付近に稲光が突き刺さるように落ちているのが確認される。
撮影者のジャック・パーキンスさんもたまたま嵐が凄くスマホを滑走路に向け撮影していてこの珍しい落雷に遭遇したという。

飛行機に落雷するというのは極めて稀なケースだが、幸いにも乗務員を含む乗客117人にけが人や被害は一切なかったという。滑走路上での落雷が映像に収められたことで、注目されているが実は旅客機は落雷を機体で放電する仕組みに設計されているため、雷が落ちても極めて安全な乗り物で空でも時折雷が落ちることはあるようだ。


出典:バック・トゥ・ザ・フューチャーかよ!飛行機にカミナリが直撃する衝撃映像 - AOLニュース

キャプチャ


馬は賢い。そう言われると、何だか納得してしまうのが馬である。確かにサラブレッドを見ていると、温厚な動物で脱走なんてしなさそう。しかし、中には強引に脱走しようとする “暴れ馬” がいるのも馬という動物のようだ。

ということで今回お伝えしたいのは、実際に脱走した馬の映像なのだが、これがちょっとやそっとのものではなかった。動画「Horse sliding escape by Horse Addicted via 4GIFs.com」には、その決定的瞬間が収められている。

動画を再生すると、さっそく馬が柵へ向かって猛スピードでダッシュ。あまりの勢いのため、そのまま飛び越えるぅぅぅ……と思いきや! なんと馬は体を倒してヘッドスライディング! そのまま柵に滑り込み、脱走してしまったのである!! その気迫は一塁へ頭から突っ込む高校球児さながらだ。

飛べないと判断したから滑ったのか、はたまた下からなら逃げられると思ったのか。それは馬に聞かないとわからないため、知ることは不可能だが、いずれにせよ馬が賢いということを改めて教えられる映像だ。この脱走は牧場主にとって、いい経験になったことだろう。

 

出典:【衝撃動画】ヘッドスライディングで脱走する馬 | ロケットニュース24

キャプチャ

歌姫・中森明菜が9月30日に50歳のアニバーサリーシングル「unfixable」を発売する。通算50枚目のメモリアル曲のタイトルを訳すと、なんと「再生不能」。なぜこんな意味深なタイトルがつけられることになったのか。

 明菜は昨年のNHK紅白歌合戦で、4年3カ月ぶりに芸能界復帰を果たした。今年1月、シングル「Rojo -Tierra-」とカバーアルバム「歌姫4」をリリース後に渡米し、今春からレコーディングをスタートさせていたという。スポーツ紙芸能担当デスクが話す。

「10年10月、ストレスによる免疫力低下がもとで、無期限活動休止に入った。その体調が上向いてきたことで、レコーディングの企画段階から参加していたそうです。今回の衝撃的なタイトルの曲は明菜初の全編英語詞。こだわり抜いた末の渾身作です。そこにはファンへの悲壮なメッセージが込められている‥‥」

 そのメッセージの核となるのは、長期にわたる活動休止中の心情であり、現在の「病状」と将来の展望なのだという。ベテラン音楽ライターが明かす。

「昨年、年末のNHK紅白出場を目指しましたが、結局はニューヨークのスタジオからの中継でした。その後も50歳の区切りの今年こそ、大がかりなライブツアーではなくとも、限定ライブやディナーショーぐらいはと思っていた。しかし、それも時期尚早と判断。理由は、声が満足に出ないこと。レコーディングスタジオでは何とかなっても、ライブで歌えるようなレベルではなく、本人も納得してないのです」

 昨夏に明菜サイドと紅白関係者が一堂に会し、復活プランを練ったと報じられた。

「会場での生熱唱は難しくとも、国内中継のセンで話が進められた。ところが初対面のNHKスタッフを前にして、明菜の体調が崩れてしまったのです。いわゆる対人恐怖症が癒えておらず、計画が難航。明菜は15年来の現在のマネージャー・K氏と、そのブレーン以外とのコミュニケーションを苦手にしています」(NHK関係者)

 99年、コンサートのキャンセル騒動や主演ドラマ降板などで1億円以上の負債を負い、どん底の中で知り合ったK氏。02年、36歳だった明菜は32歳のK氏と2人で独立し、デビュー20周年ツアーを成功させた。芸能プロ関係者が話す。

「K氏の実家は資産家で、都内にマンションも所有しており、カネのトラブルにばかり巻き込まれていた明菜は信頼を寄せていました。06年にはパチンコメーカーと数億円の契約を交わし、『キラーコンテンツ』と呼ばれる大ヒットを記録させた手腕も確かで、K氏だけでなく、そのブレーンにも心を許すようになった。K氏は噂される『明菜の恋人』説を否定し続け、専属ドクターのような立場でバックアップしています」

 明菜のブレーンの一人によれば、心配される声はボイストレーニングを積みながら少しずつ回復に向かいつつあるというが、

「問題の新曲タイトルには『昔のようなライブはまだ厳しいけど、聴いてください』との思いが込められています。すなわち『もう人前には出られない』という通達であり、明菜自身もレコーディング中、スタッフにそう言ったのだと。意味深かつ不可解なタイトルですが、本人は承諾済みなのです」(前出・音楽ライター)

 カップリング曲「雨月」は、どうにもならない焦りやいらだちを乗り越えようとした先に見える一筋の光を表現しているという。「再生不能」を受け入れ、嘆く心の叫びが聞こえてくる。

出典:中森明菜 新曲「再生不能」レコーディング中の衝撃肉声! | アサ芸プラス

キャプチャ
悠久の自然が残る屋久島の「龍神伝説」が語り継がれる滝の前で、お盆の入りの8月13日“キュウリを手にしたカッパ”が撮影された。屋久島といえば、本土最南端の鹿児島県の佐多岬の南南西約60キロに位置する、日本で9番目に大きな島。島の90%が森林で、屋久杉の自生林などがユネスコ世界自然遺産に登録され、手つかずの大自然の宝庫として知られる。山が多く、日本一の雨量のため、滝も多い。カッパの出現は、異常気象や桜島の大噴火警戒と関係があるのか――。

 カッパと思われる不思議なものが写り込んでいた場所は「大川の滝」の前。落差88メートルで、日本の滝百選に選ばれている屋久島最大の滝だ。

 その不思議なものは、画面向かって前列左端の少女の頭の真上に写っている。拡大すると、滝つぼの岩に座って前かがみになっているように見え、全身の色は黒みがかった緑。口のあたりだけがクチバシなのか黄色だ。まさに伝説のカッパを思わせる。

 写真の所有者である漫画家の佐々木彩乃さんはこう説明する。

「この写真は私のおいっこの友達のお父さんが撮った写真です。8月13日に撮影されました。おいが『心霊写真を撮った』と携帯メールに画像を送ってきたので、詳しく電話で聞きました。私が『観光客が多い場所なので人ではないか?』と質問したのですが、おいいわく『この時は誰もおらず、もう1枚撮った写真には写り込んでいなかったので、みんなで大騒ぎになった』そうです。私が今年のお正月に帰郷し、宮司さんと雑談した時に『大川の滝には黒龍がいる』と聞いていたので、もしかしたら黒龍の化身か、カッパではないかと思っています」

 屋久島は1年のうち、150日以上も雨が降ることでも知られ、観光客は雨ガッパが欠かせない。大自然が残る島にはカッパ伝説も残っている。

「カッパかも!?と思って見ると、背中には甲羅のようなものがあるようにも思えてくる。手に持った何かを見つめているようにも見えてくる。カッパならば、手に持っているのはキュウリとも思えてくる」(関係者)

 オカルト評論家の山口敏太郎氏はこうみる。

「鹿児島でカッパは“がらっぱ”と呼ばれており、伝承では『ひょんひょん』と鳴きながら空を飛ぶともいわれています。渡り鳥の鳴き声から生まれた『がらっぱ伝説』でしょう。しかし、この物体は不思議。われわれ日本人の先祖がこのような物体を目撃することでカッパを幻視してきたのではないでしょうか」

 大川の滝の黒龍、龍神伝説、異常気象や桜島の大噴火警戒との関連はどうか。

 山口氏は「そこでカッパのような物体が写り込んだのは意味深です。龍神は水神であり、カッパも水神の眷属(けんぞく=従者や配下)だからです。今年だけでなく、屋久島では平成以降もカッパの目撃証言が多々あるようですから、異常気象や桜島の噴火警戒とは関係はなさそうです。はたまた、キュウリを持ったカッパではなく、全身緑色の服を着たスマホを持ったおっさんの可能性も否定できない。しかし、カッパの話は日本人を楽しくしてくれるし、愉快な涼も運んでくれます。だからこそ、カッパは長年、日本人に愛されてきたのでしょう」と解説する。

 屋久島、種子島を含む鹿児島県の大隅諸島には、カッパ伝説が数多くある。容姿や行動は本州のカッパとまったく同じ。むしろ、九州のカッパ伝説は本州より多いともいわれる。そのため、カッパの呼び名も本州のようにカッパ、河太郎だけでなく、九州では、がらっぱ、がらっぱじょう、がわっぱ、がーたろ、げーたろなど、様々だという。

 カッパは鬼や天狗(てんぐ)と並ぶ日本古来の“レジェンド”妖怪だ。だが、ツチノコと同様、しばしば目撃談が出てくるUMA(未確認生物)でもある。伝説の妖怪とUMAのはざまにいるカッパだけに、いずれ捕獲される日が来るかもしれない。

出典:衝撃写真公開!屋久島にカッパ出現:東スポWeb

↑このページのトップヘ