ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

カテゴリ: レズビアン

キャプチャ

第28回GLAAD(The Gay and Lesbian Alliance Against Defamation“中傷と闘うゲイとレズビアンの同盟”)メディア・アワードのノミネーションが発表された。映画ではLGBTの活躍がいまひとつだったようで、最優秀映画賞(ワイドリリース)部門のノミネーションは『ムーンライト』と『スター・トレック BEYOND』の2作品のみとなった。

 GLAADが主催する同賞は、ゲイやレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーであることを公にし、平等を促すことに大きく貢献したメディアで働く人たちや、LGBTコミュニティーと抱えている課題を、正確かつ包括的に描写した作品に贈られる。

 テレビ映画「ザ・ロッキー・ホラー・ピクチャー・ショー:レッツ・ドゥ・ザ・タイム・ワープ・アゲイン(原題) / The Rocky Horror Picture Show: Let's Do the Time Warp Again」や、テレビドラマ「ロンドン・スパイ」などがノミネートされた。

 授賞式は現地時間4月1日にロサンゼルス、5月6日にニューヨークの2か所で開催される。今年の主なノミネーションは以下の通り。(澤田理沙)

■最優秀映画(ワイドリリース)
『ムーンライト』
『スター・トレック BEYOND』

■最優秀テレビ映画またはミニシリーズ
「アイウィットネス(原題) / Eyewitness」
「ロンドン・スパイ」
「ルッキング:ザ・ムービー(原題) / Looking: The Movie」
「ザ・ロッキー・ホラー・ピクチャー・ショー:レッツ・ドゥ・ザ・タイム・ワープ・アゲイン(原題)」
「ヴィシャス:ザ・フィナーレ(原題) / Vicious: The Finale」

■最優秀ドラマ・シリーズ
「フォスター家の事情」
「グレイズ・アナトミー」
「ハップとレナード ~危険な2人~」
「殺人を無罪にする方法」
「The OA」
「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」
「シャドウハンター: The Mortal Instruments」
「シェイムレス 俺たちに恥はない」
「SUPERGIRL/スーパーガール」
「ワイノナ・アープ(原題) / Wynonna Earp」

■最優秀コメディー・シリーズ
「ブルックリン・ナイン・ナイン(原題) / Brooklyn Nine-Nine」
「クレイジー・エックス・ガールフレンド
「グレイス&フランキー」
「モダン・ファミリー」
「ワン・ミシシッピ ~ママの生きた道、ワタシの生きる道~」
「トランスペアレント」
ほか


出典:aaのニュース - 中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟の賞『スター・トレック BEYOND』ノミネーション! - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN


キャプチャ

『ホワイトリリー』
(C)2016 日活

ロマンポルノの名匠・小沼勝監督の元で助監督として学んだ中田秀夫監督が、ロマンポルノに初挑戦。共依存する女たちの究極の愛を描いた映画『ホワイトリリー』の予告編が解禁となった。

・[動画]解禁となった『ホワイトリリー』予告編

本作は、日活ロマンポルノ生誕45周年を記念し、日本映画界の第一線で活躍する塩田明彦白石和彌園子温、中田秀夫、行定勲の5人の監督を起用し、同じ製作条件の中で完全オリジナル作品を撮りおろす「ロマンポルノリブートプロジェクト」の第5弾。

傷ついた過去を慰めあうように寄り添い生きてきた2人の女・はるかと登紀子が、自分たちの秘密に踏み込んできた男・悟によって、それぞれの愛が暴走をはじめるというもの。はるか役を飛鳥凛、登紀子役を山口香?里が演じ、中田監督が初めてレズビアンの世界に挑み、歪んだ愛のはてにある女同士の究極の純愛を描き出していく。

解禁となった予告編は、飛鳥演じるはるかが、山口扮する登紀子先生のワンピースのファスナーを口で上げるシーンからはじまり、はるかが先生へ「指と舌どっちがいいですか?」と問いかけるシーンへと続いていく。これは、小沼勝監督の映像世界にインスパイアされた、象徴的な百合の世界。

だが、2人の秘密世界は、男が踏み込んできたことによって、それぞれの愛が暴走しはじめ、怒濤の展開へつながっていく。予告編のラストで飛鳥がささやく「心を縛っているのは先生? それとも…」というセリフとタイトルコールは、本予告編のために収録されたものだ。

はたして、心を縛りあい傷つけあう2人の愛の行方はどうなっていくのか?『ホワイトリリー』は2月11日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となる。



出典:中田秀夫監督がレズビアンの世界に初挑戦!『ホワイトリリー』予告編解禁 - エキサイトニュース

↑このページのトップヘ