ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

タグ:コスプレ

キャプチャ

寂しげな校内に、不思議な雰囲気が漂う。屋上や体育館などあちこちで、金、銀、オレンジのカラフルな髪の若者が、楽しそうに写真を撮り合う。過疎化に悩む福岡県鞍手町の廃校を使ったコスプレイベントだ。町はアニメのキャラクターになりきりたい若者の「聖地」として、地域活性化をもくろむ。

 廃校になった鞍手南中学。若者が昨年12月、学園を舞台にしたバレーボールアニメの人気キャラクターになりきっていた。派手な髪は衣装の一部だ。

 「学校の全施設で思う存分コスプレ姿を満喫できる場所は、ほかにない。好きなシーンも演じられる」

 福岡市東区のアルバイト女性(19)は、フィギュアスケートのアニメ「ユーリ!!! on ICE」のロシア選手姿で話した。屋上や黒板がある教室内で、友人と記念撮影をしていた。

 校舎内はコスプレ姿で、一眼レフカメラを持った若者でにぎわう。高校生以上なら誰でも参加でき、利用料は1千円。初めての参加者は「学生証」を受け取る。

 ◆消滅の危機

 町の危機感は強い。旧炭鉱地帯にある鞍手町は、炭鉱の衰退と少子高齢化が影を落とす。昭和30年に約3万人いた人口は約1万6千人に減った。平成26年には民間研究機関が「消滅可能性都市」と指摘し、福岡県内の自治体でワースト1位だった。

 27年に別の中学校に統合された鞍手南中の跡地利用に頭を悩ませていた町に、福岡市の企画運営会社役員、重松克則氏(54)がコスプレイベントを提案した。重松氏は、それまでにイベント主催の経験があった。町は毎月数回、校舎をファンに開放することを決めた。

 今では毎月のイベントに、広島や島根など県内外から約250人が、衣装を入れたキャリーバッグを片手に訪れるまでになった。

 ◆国も支援

 27年11月、内閣府の地方創生先行型事業に選ばれた。3750万円の助成を受けて校舎の水道や電気などを整備した。翌年には3千万円の地方創生加速化交付金を改修費用に充てた。

 重松氏は地元有志と合同会社「くらて学園」を発足した。コスプレ姿での結婚式も検討しており、アニメファン向けに施設の充実も進めていく。

 町地域振興課の立石一夫課長は「多くの若者を呼び込めるのが魅力。新たな観光資源をつくり人口減の町に活気を取り戻し、移住者を呼び込みたい」と意気込んでいる。


出典:廃校をコスプレ聖地に 福岡・鞍手町、若者イベントで活性化 - 産経ニュース

キャプチャ

剛力彩芽主演、TBSで放送中のテッペン!水ドラ!!「レンタルの恋」(毎週水曜夜0:10-0:40)。ドラマの見どころの一つでもある剛力のコスプレ姿について、剛力本人や、共演の太賀岸井ゆきのがその印象を語った。

時間制で客とデートをする“レンタル彼女”の人気ナンバー1のレミ(剛力彩芽)とデートをして、瞬く間に恋に落ちてしまう男たちの物語。

レンタル彼女を演じることを聞いた剛力は「あっ、難しい役がきたと思いました。レンタルの彼女、しかもナンバー1で、お客さまのリクエストに何でも応えられるという役どころ。

役を演じながらもいろいろな役を演じないといけないんだという難しさとか、レミがどうしてここで働いているかとか、レミをしっかり生きないと、この役はできないなというのを感じました。

今でも演じながらも難しさを感じることはありますけど、最初は不安とか緊張の方が大きかったんですけど、今はだいぶ楽しくなりましたし、思いっきりやらないときっと伝わらないことが多いんだなと思います」と思いを明かす。

そんな剛力が挑戦するのは全力の“コスプレ”。「いろいろな格好をさせていただいています。エヴァンゲリヲンは私のサイズにぴったりに作っていただいて。

初めはどういうふうに映るのか不安だったんです。それから、映像で見たんですけど、すごいと思いました」と感激した様子。

その中でも「自分の中で一番しっくりきているのはスケバンなんです。スカートも長くて、髪形も昭和風というか。かつら合わせのときから、しっくりきていて、一番自分らしいなと思いました。でも、なかなか私と気付いてくれなくて。

原宿系のファッションしたときに1回では誰も気付かないんですよ。それで、撮影が終わって帰り際にぺこりんだと言われてました」と振り返る。

そんな剛力演じるレミに恋心を抱く公介を演じる太賀は、実は剛力とは高校の同級生。共演に「照れくさいなというところもある」という太賀が一番ぐっときたコスプレは「変身する前の女子高生スタイルなんです。剛力さんは高校生活は髪が長くて、僕の中の剛力彩芽はロン毛なんですよ。

今回かつらをかぶって、お互いに制服を着て横を歩いていたりすると、懐かしい、フラッシュバックすることも多々あって。懐かしさもあります」と照れ笑い。

これまでいろいろなコスプレを披露してきた剛力。これから挑戦したいコスプレを聞かれ、悩む剛力に太賀は「ピコ太郎でしょ、パンチパーマで」と推薦。岸井も同意すると、剛力も「では最終回で?」とノリノリで答えた。


出典:「レンタルの恋」剛力彩芽、コスプレの最終形はピコ太郎? | テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン

キャプチャ

ゲーム好きグラビアアイドルの倉持由香と吉田早希が18日、PRキャラクターを務めるセガの最新ゲーム『蒼き革命のヴァルキュリア』(1月19日発売)のキャンペーンでオリコンを訪れた。オーダーメイドのコスプレ衣装で登場したふたりは、「女性のスタッフが多いんですね。ゲーム初心者でも楽しめますのでぜひ挑戦してください!」(倉持)「プレイヤーが自分たちで歴史の真実を判断していく、重厚なストーリーを楽しめます!」(吉田)と新作ゲームをアピールした。

【写真】世界にひとつのコスプレ衣装でスタッフに囲まれる倉持由香&吉田早希

 『蒼き革命のヴァルキュリア』は、人気シリーズ『戦場のヴァルキュリア』イズムを継承しつつ、新キャラクターで新たな世界観が描かれる、豪華スタッフ&キャスト陣による重厚な物語の新規RPG。戦場を体感できるバトルシステムと鮮烈に描写される絵画風グラフィックが特徴で、剣や銃、魔法的な力を持つ“咒術”を駆使して、少数で大部隊を撃破する戦いを楽しむことができる。

 この日ふたりは、ゲームの物語のキーとなる敵同士のキャラクター衣装で登場。死神のブリュンヒルデに扮した倉持は「ここまでしっかりしたコスプレって、普段のグラビアではなかなかできないから、気分が上がります!私たちのサイズにあわせて作っている世界にひとつだけの衣装です」とクールかつセクシーな体にピッタリとした衣装姿を披露。

 ヒロインの歌姫・オフィーリアに扮した吉田は「気分がビシっとしまります。自分自身がゲームでプレイしていたキャラクターの衣装を着られるのが、ゲーム好きとしては本当にうれしいですね。戦うお姫様らしく、動きやすさと戦いやすさが表現されています。戦場を駆け抜けるドレスです!」とハイテンションで語った。

 すでに体験版をプレーしているという吉田は「オフィーリアは、お姫様だけど戦場のつらさや悲しさも体験している気丈な子。ヒロインらしく国民のためにがんばっています」とすっかりキャラクターに感情移入している様子。倉持は「LeGION(レギオン)という新しいバトルシステムで、アクションを途中で中断したりできるので、ゲーム初心者の女性でも楽しめますし、ゲーム好きな方はより戦略性に富んだプレイができます」と熱くコメントした。 


出典:倉持由香&吉田早希、コスプレ衣装でオリコン来社「なかなかここまでできない」/Web東奥・ORICON NEWS

キャプチャ
 韓国男性グループ「BIGBANG」のV.I(スンリ)とD-LITE(テソン)がコスプレ姿を披露した。

 V.Iは8日、自身のInstagramに「PICK ME PICK ME PICK ME UP わたしもセンターやりたい」という書き込みと共に写真を掲載した。

 公開された写真にはMnet「プロデュース101」の制服を着て女子高生に変身したV.IとD-LITEの姿が写っている。ロングヘアのウイッグにキュートなポーズまで、しっかりとした女装を披露してファンの視線を一身に受けた。

 一方、「BIGBANG」は去る6日、ソウルオリンピック体操競技場で開かれた「BIGBANG WORLD TOUR 'MADE」ファイナルソウルアンコール公演を成功裏に終えた。

出典:「BIGBANG」V.I&D-LITE、女装姿を公開 “PICK MEのセンターはわたし”│韓国音楽K-POP│韓国ドラマ・韓流ドラマ 韓国芸能ならワウコリア

キャプチャ

キャリーバッグを引いた若者たちが次々と集まる。ここは鞍手町新北の旧鞍手南中。昨年3月に閉校となったはずだが、「掃除の時間になりました。皆さん受付まで掃除道具を取りに来てください」との校内放送が流れた。姿を現したのはピンクや金髪の女子生徒たち。制服も紫や緑、オレンジと個性的。まるでアニメのキャラクターだ。

 44年の歴史に幕を閉じた廃校舎が、コスプレ愛好家向けの架空の「くらて学園」に変身したのは昨夏。町から廃校舎利用について相談を受けた福岡市の企画会社役員、重松克則さん(53)が温めていたアイデアを持ちかけた。「校内で着替えるのがルール。いきなりコスプレ姿で登場したら周囲の住民も驚く。着替えたら雰囲気も性格もガラリと変わりますよ」。生き生きとした“生徒”たちを見て、学園の運営会社理事長を務める重松さんは目を細めた。

 昨年7月以降、コスプレ愛好家が集うイベントを5回開催。多いときは福岡、北九州両市のほか、九州内外から約200人が集まった。昨年12月中旬の「年末コスプレ大掃除イベント」には約40人が参加。制服姿の女性たちが楽しそうに教室や廊下の床を拭いていた。

 オタク系のイベントに参加し、インターネットに情報を公開している男性(40)は「専属のカメラマンを連れたガチなレイヤー(本格的なコスプレ愛好家)も多く、それだけにオタク業界の関心は高い。知名度は今後もっと高まるはず」と語る。

    □   □

 筑豊地区では少子化に伴い、小中学校の統廃合が進む。使われなくなった校舎は過疎地域に多く、財政状況が厳しい自治体は、活用や補修に向けて公費を投入できないのが実情だ。研究施設として大学などと利用協定を結ぶ自治体もあるが、活用されないままの校舎は少なくない。

 くらて学園は「廃校舎利用による観光を伴うサブカルチャービジネスと創業支援事業」として、国の地方創生先行型事業に選ばれた。国からの交付金は総額3750万円。既に電気やトイレなどの施設改修工事が始まっている。立体的なフィギュアなどが作成できる高額の3Dプリンターなどもそろえる計画だ。

 重松さんは「本物の学校を使えるメリットを政府にも認めてもらった。アニメ人気に国境はなく、海外からも人を集める『コスプレの聖地』になる潜在力を秘めている」と力を込める。

 新年度からは漫画家や声優の育成を目的にした「インキュベーション事業」もスタートする。希望者はプロも使用する先端機器でマンガやアニメの創作活動に取り組み、同好の仲間たちと交流できるという。

 町も熱い視線を送る。「廃校舎を資産と考えることで可能性が広がった。これまで町への観光客はゴルフ以外にほとんどなく、学園によって鞍手町全体のイメージアップにつなげたい」と町地域振興課の担当者。施設活用にとどまらない効果に期待が膨らむ。


出典:【いまどきの学校・筑豊から】<7>廃校舎利用 コスプレ愛好家集う場に - 西日本新聞

キャプチャ

2015年12月29日から31日にかけて東京ビッグサイトにて開催された同人誌即売会「コミックマーケット89」にて頒布された、サークル・Actress-Actorの新刊コスプレ写真集『GIRLY ROCKER』。

新進気鋭のアイドルとして活躍する『アイカツ!』のキャラクター・音城セイラを独占取材した音楽雑誌の別冊付録という設定で、その世界観をリアルに楽しむことができるユニークな作品に仕上がっている。

音城セイラに扮しているのは、『アイドルマスター』『艦隊これくしょん〜艦これ〜』といったさまざまな女性キャラクターの美麗なコスプレで注目を集める男性コスプレイヤー・ののみーさんだ。

そのビジュアルや撮影技術はもちろん、CG技術を駆使したハイクオリティな作品を生み出してきた彼が完成を目指す「コスプレグラフィックス」の理想形とは何なのか?

その思いが垣間見える『GIRLY ROCKER』の内容を紐解くとともに、ののみーさんへの独占インタビューを掲載。本作の制作秘話や、コスプレにかける思いについてうかがった。

女性キャラクターのコスプレをはじめたきっかけは?

ののみーさん

ののみーさん(「コミックマーケット89」会場にて)

──そもそも、ののみーさんが女性キャラクターのコスプレをはじめたきっかけとは何だったのでしょうか?

ののみー 人の勧めです。大学生のときにサークルの皆でネタのつもりで出店したコスプレ喫茶が思いの外好評で、あるお客さんに「あなたはメイクしたら絶対可愛いから今度コミケに来なさい、メイクは任せてほしい」といったお言葉をいただき、言われるままコミケにコスプレ参加したのがきっかけでした。

最初こそ言われるままにコスプレしただけでしたが、そのうち自分の参加する同人サークルでのコスプレ売り子をしたりする中で、男性であっても女性キャラクターの表現は可能なのだということを、作品表現を通じて示していきたいと思うようになり、今のような活動スタイルになりました。

──なるほど! そして段々とコスプレに魅了されていったんですね。女性キャラクターのコスプレをするにあたって、普段から心がけていることはございますか?

ののみー 体型管理です。男性と女性の身体はあらゆる部分で無視できないレベルの差異が存在するので、男性のありのままの身体で女性キャラクターのコスプレをすると、どうしても無理をしている印象が出てしまいます。

また、コスプレは人々がキャラクターに対して抱く夢を現実世界で背負う側面が強く、あまりいい加減なコスプレをしてしまうと、たちまち嫌悪の対象となってしまいます。

ですから、私の場合であれば、食事制限と適度な筋力トレーニングによって、男性の身体で女性の身体の細さやしなやかさを表現できるように普段から心がけています。

コスプレイヤーを名乗るようになってから、一度たりとも体型を崩したことがない(キャラクターによって筋肉量の調整はすることがありますが)のがちょっとした自慢です。

2次元の世界観をリアルに表現するためには?

『GIRLY ROCKER』1

3DCGをふんだんに活用したライブシーン

──今回の新刊をつくる上で1番苦労したことは何でしょうか?

ののみー リアリティの表現です。今回の作品は「2次元世界の出来事を、現実世界の出来事に」というコンセプトで制作しているのですが、それは、アニメ内の出来事やビジュアルを、そっくりそのまま再現すればよいというわけではありません。単なる再現を越えたリアリティを表現するには、現実世界とのバランスを取る必要があります。

本作品では、登場人物のインタビューシーンやギターの紹介ページで、現実世界の音楽雑誌の構成やデザインにかなり寄せた雰囲気づくりをしました。

また、ライブシーンについても、アニメに登場するステージやエフェクトをより実写寄りの立体感や質感となるようにアレンジした上で3DCGによる再現を行う、といった試みを行っています。

こうした試みを成功させるためには、コンセプトをチームメンバーでしっかりと共有した上で、具体的な完成形を綿密な打ち合わせによって調整していかねばならないため、苦労も大きかったです。

『GIRLY ROCKER』2

音城セイラの愛用するギターの紹介文や、インタビュー風の文章なども掲載

──お疲れ様でした……! そんな新刊についてのコミケやSNSでの反響はいかがでしたか?

ののみー 今回は新刊そのものについてはもちろん、そこに登場する衣装の完成度についてもリアクションをたくさんいただくことができました。

コスプレ同人シーンとしては『アイカツ!』ジャンルは極めて小さく、そもそも『アイカツ!』という作品を知らない方が作品をご覧になる機会も多いです。

そんな中でも、「『アイカツ!』自体は知らないがこの衣装の出来は素晴らしい」と褒めていただくことが多く、衣装だけで1年かけて制作した甲斐があったなあと感じています。

ひとりのキャラクターとして物語を表現する

『GIRLY ROCKER』3
──今回でしばらくコミケに合わせた作品制作は休止されるとのことですが、今後挑戦してみたいことはございますか?

ののみー 物語の表現です。コスプレ写真は、基本的に1枚絵としていかに綺麗でドラマチックなものをつくるか、ということに重きを置かれる印象があり、実際自分もそういった要素はかなり大切にしてきました。

しかし、画的な美しさは突き詰めていけばいずれ頭打ちになるタイミングが来ると思っています。そこで、画的な美しさは一定程度確保されていることを前提として、一連のコスプレグラフィックによる物語の表現というものに挑戦していきたいと思っています。

コミケに合わせた作品制作についても、1年以上前から水面下で進めている企画などは引き続き進めていくつもりなので、また良いタイミングを見計らって(休止期間を挟んで)その挑戦の結果をご覧に入れられると思います。

──最後に、ののみーさんの掲げる「コスプレグラフィックス」の理想の完成形とはどのようなものでしょうか?

ののみー 見る人が「画の中にいる人物が、キャラクターそのものである」と認識できるようなものだと思っています。

コスプレは現実世界の人間をベースにして行われるものである以上、どうしてもコスプレをする人物主体のルックスや振る舞いにキャラクターが引っ張られてしまいがちです。

ですが、コスプレグラフィックスはあくまで「キャラクターそのもの」を重要視しています。

ですから、なるべく「演者が誰であるか」を見ている人の意識に上らせないような画をつくることが私の思う理想の完成形です。

もっとも、演者の個性を前面に出すことで作品の完成度を高める例が非常に多いことも確かなので、これは私の好みによるところが大きい話ではあります。

──ありがとうございました。今後の活動にも期待しています!

『GIRLY ROCKER』4
新刊『GIRLY ROCKER』は、Actress-Actorのオンラインショップでの販売も予定しているとのことなので、コミックマーケット会場でゲットできなかったという方も要チェックだ。

出典:美しすぎる男の娘レイヤー「ののみー」インタビュー コスプレグラフィックスという表現

↑このページのトップヘ