ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

タグ:ジェンダーレス男子

キャプチャ



コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」 http://line.me で展開するゲームサービス「LINE GAME」にて、2017年冬に待望の新作「LINE ぷるぽん」の提供を開始する。

ゲームの提供開始に先駆けてXOXとコラボしたミュージックビデオ「Let’s ぷるぽん!!」が公開された。

動画は、ネクストブレイクアーティストとして注目の高いXOXが出演し、ヒャダインこと前山田健一さんが作詞作曲、「ウサビッチ」の制作で有名なカナバングラフィックスがアニメーションを手掛けている。

ジェンダーレス男子のとまんさんのメンズワンピース姿、一度聴いたら耳から離れないメロディー、真似したくなる可愛いダンスは必見です!

更に!実は本動画を特設サイトで見ると、スマホの傾きに連動してメンバーやキャラクターがふるふるし、メンバーのここでしか見れない限定写真が現れる仕掛けもあります。

ぜひ特設サイトで動画をご覧いただき、ゲーム公開前に少しでも感覚を味わって頂ければと思います。

XOXXOX




■XOXインタビュー

Q.撮影の感想と、今回のミュージックビデオの見どころを教えてください。

とまんさん:「お話を頂いた時は、全然想像もつかなかったんですけど、蓋を開けてみるととても豪華で、ヒャダインさん作詞作曲って、すごく光栄なことだなと感じました。振り付けもMVも覚えやすいのでSNS(~やってみた、踊ってみた)で広まってくれれば良いなと思います!」

バトシンさん:「僕は普段カワイイって言われなくて、“カワイイって言われたい願望”があったんですけど、今回のMVを見て頂ければ、僕のカワイイ一面を見て頂けるかなと思います!」

Q.「LINEぷるぽん」に出てくる中で、好きなキャラクターはいますか?

とまんさん:「怪獣ボムラが好きです!強そうなんだけど、可愛くて憎めない感じがツボです。これがまた強いみたいで、早く育てたいです!ボムラが出るまで課金します(笑)」
つばささん:「人じゃないけど、夜の人って名前も可愛いね」

Q.今回の楽曲には、どんな思いを込められましたか?

とまんさん:「キャラクターに合わせて、皆さんが聴きやすいよう声も変えて(それぞれのメンバーが)歌っています。新しいXOXを届けたいという思いが強かったです。」

Q.今後、「LINEぷるぽん」をPRしていく上での抱負をお願いします。

とまんさん:「僕個人として、ゲーマーの血が騒ぐのでいっぱい遊び尽くします!いつか、ファンの方と僕たちがぷるぽんで対決するような企画もやってみたいです!僕は絶対に負けませんけど(笑)」
理来さん:「1つやりたいことがあって、キャンペーンで僕らをモチーフにしたようなキャラクターを作ってほしいな・・・とか思ってます」
一同:「それいい!!作ってもらえたら最高!そうなるように頑張らないと・・」
バトシンさん:「バトシン持ってんで~って言われるようになりたい!ちなみにキャラクター名は【バト神】でお願いします(笑)」
とまんさん:「なんか凄く強そうだな・・・僕は【とまぴょん】みたいに、可愛いのがいいな。ゲームのキャラクターになるのが夢だったから。」

Q.今回の衣装について、いかがですか?(ポイントなど)

禎雄さん:「僕はこの中で唯一のジーンズなんです。男らしさもあるけど、シャツにはレースの加工が施されていて、可愛い要素も含まれているところが好きです。
気持ちがピョンピョン(?)しちゃいます(照れ笑い)」
とまんさん:「メンズワンピースを初めて着たんですけど、今まで何でなかったんだろうって思ったくらい良かったです!普段使いできそうなくらい、可愛いです。」
―ジェンダーレス男子としてもありですか?―
とまんさん:「はい!ぜひ番組衣装として使いたいですね!」

Q.最後に、ファンの皆さんへ向けてメッセージをお願いします。

とまんさん:「僕たちは先にぷるぽんをプレイさせていただいたので、もういち早くこの面白さを皆に届けてあげたいです。オシャレでカワイイ、皆が大好きだって言ってもらえるゲームなので、是非楽しみに待っててください!
僕たちの活動としても、2017年は盛りだくさんの1年になること間違いありませんので、今年もよろしくお願いします!」

「Let’s ぷるぽん!!」URL:https://purupon-mv.jp
「LINEぷるぽん」公式サイト:https://purupom.game.line.me/ ※事前登録受付中!


出典:このダンスは癖になる? 今話題のジェンダーレス男子”とまん“がメンズワンピースを着て歌って踊る! ボーイズグループXOX(キスハグキス)のコラボミュージックビデオ「Let’s ぷるぽん!!」公開! | 日刊エンタメクリップ

キャプチャ

ファッションに対する見方が変わるにつれ、メイクする男性というのも今では特に新鮮な話題ではなくなっている。そして、日本では若い男性のファッションは今、新たな時代に入っている。日本では現在、髪をカラフルに染めたり、カラーコンタクトをつけたり、口紅を塗ったり、ネイルをしたりする「ジェンダーレス男子」が話題となっている。「ジェンダーレス」と呼ばれる通り、そのような男性は、性別の固定概念を覆している。専門家は、日本のほとんどの男性は定番のファッションであるため、「ジェンダーレス男子」は、その外見で自分の個性をアピールしたいのではと分析している。広州日報が報じた。

■「ジェンダーレス男子」が流行
東京渋谷区初台のアパートに住む佐々木とまんくん(23)は、毎日出かける前に、きれいな肌の顔にファンデーション、チークなどを塗り、リップで唇の色を整えるなど、40分かけて丁寧にメイクする。その爪にはネイルがほどこされ、髪はウェーブがかかり、ハイヒールを履いている姿を見ると、女性にしか見えない。日本人は往々にして性別にあった服装を重んじていることを考えると、とまんくんは変わった存在だ。

とまんくんはモデル兼BOYSグループ・XOXのメンバーとして活躍しており、「とまん」というニックネームでソーシャルメディアで大きな話題となっている。そして、多くのファンを抱え、テレビ番組にもよく出演している。とまんくん自身は、「女性」に扮しているとは考えておらず、自分は「ジェンダーレス男子」としている。

小柄なとまんくんは、「僕の心は男性、性別という概念は必要ない。自分にあったスタイルを選ぶべき。男だから必ずこうしなければならない、女性だから必ずこうしなければならないでは、全然おもしろくない。男性も女性も同じ人間」と話す。

「ジェンダーレス男子」の仕掛け人は、とまんくんを発掘したメディア・エディターの丸本貴司氏で、とまんくんが先駆けとなったわけではない。日本の若い男性は現在、ファッションの面における固定概念を覆している。例えば、髪をカラフルに染めたり、カラーコンタクトをつけたり、色鮮やかな口紅を塗ったりなどだ。パーマのかかった金髪の比嘉龍二りゅうちぇる)、ミニスカートを履くGENKINGなどの「ジェンダーレス男子」は、SNSで大人気になり、テレビでも活躍している。

■異性の服を着るのはファッション
西洋では、男性が女性の服、女性が男性の服を着ることは、往々にして性的志向と関係があるのに対して、日本ではそれは主にファッションの一種となっている。東京大学で日本の服装や文化を研究している門田正文氏は、「日本人の女性のような服装をする男性に対する反応は、他の国と異なる。日本では、外見と性的志向は分けて考えられている」と分析する。

「僕は同性愛者ではない。メイクをしているのは自分の欠点を隠すため。自信がもてない部分がたくさんある。自分の顔も嫌い」ととまんくん。

他の「ジェンダーレス男子」たちも、外見と性的志向は関係ないとの見方を示す。例えば、北島卓也(18)くんは、「僕らは自分の好きな格好をするために、メイクをしているだけ。男性と女性の格好に差がなかったとしても、本質的に違う。男性が女性を守るという原則が変わることはない。そして、男性は女性より強く、男性が仕事をすべき」と話す。

■ファッションと外見で個性をPR
日本の性別文化を研究している米ミシガン大学の人類学者であるジェニファー・ロバートソン氏は、「そのような若い男性は、女性と男性の境界をあいまいにさせ、男性のファッションの範囲を広げている」と分析する。

実際には、日本の演劇文化において、男性が女性の、女性が男性の服を着るという伝統がある。例えば、歌舞伎では男性が男女両方を演じ、宝塚では女性が男女を演じる。そして現在、日本のアニメやBOYSグループなどがその傾向に拍車をかけ、ジェンダーレスな男性のファッションが流行し始めている。

出典:日本でいま話題の「ジェンダーレス男子」って?中国メディアが分析 - エキサイトニュース

キャプチャ

自由で不思議な個性

 モデルのゆうたろうさん(18)は「ジェンダーレス男子」とも言われ、性差を超えた不思議な魅力にあふれている。その装いのセンスは古着店で磨かれたという。

  • オーバーサイズのパジャマに存在感のある靴を合わせた(東京都渋谷区の「サントニブンノイチ原宿店」で)=高橋美帆撮影
    オーバーサイズのパジャマに存在感のある靴を合わせた(東京都渋谷区の「サントニブンノイチ原宿店」で)=高橋美帆撮影

 

 中学卒業後、ポップで独創的な古着店「サントニブンノイチ」大阪店などで働き始めた。現代にはないユニークな色や形の古着に接するうち、その奥深さにのめり込んだ。古着は一点物も多い。「自分だけのコーディネートが楽しめるのも大きな魅力です」

 今年初め、「カリスマ店員」としてテレビで紹介されたのを機に芸能活動を始めた。400~500着の服を所有する今も、古着店を巡っておしゃれの研究を欠かさない。

 時間が許せば今も接客をするサントニブンノイチ原宿店(東京)で、着こなしを披露してもらった。かわいらしい装い、シックな装いと、変幻自在だ。

  • 大人っぽさと抜け感が共存する、シャツと細身のパンツのコーディネート
    大人っぽさと抜け感が共存する、シャツと細身のパンツのコーディネート
  • オーバーオールの着こなしは、Tシャツとキャップを赤でまとめた
    オーバーオールの着こなしは、Tシャツとキャップを赤でまとめた

 

 














最初に取り出したのは、ピンクのストライプのパジャマ。既成概念を軽やかに飛び越え、装う。ゆったりしたシルエットに存在感のある厚底靴を合わせた。靴もキャップも白を選び、女性が着るイメージが強いピンクを、あえて引き立てた。

 デニムのオーバーオール、赤いTシャツとキャップは、好きな組み合わせの一つという。かわいらしく、快活な印象だ。女の子に使うはずの「ボーイッシュ」という表現がぴったりくる。

 白いシャツと黒いパンツのコーディネートは私服。大人っぽさが際立つ。靴下も革靴も黒で統一して格好良く決める一方で、シャツの袖は少し長め。ほどよく肩の力を抜いた演出だ。

 最近は安価なファストファッションの影響か、個性的な装いの若者が減ったと感じている。「人からどう見られるかということより、自分自身を自由に表現することを大事にしてほしい」と話している。



出典:「ジェンダーレス男子」ゆうたろうさん…古着で変幻自在 : 大手小町 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

キャプチャ


最近巷で噂のジェンダーレス男子。みんな“ジェンダーレス男子”という言葉はよく聞くけど、よく意味は分かっていないという子も多いはず。

ここでは“ジェンダーレス男子”の産みの親、レキシントンの丸本さんとジェンダーレス男子の代表・とまんくんにインタビューしてきました。


 

 

 

 

 

―ジェンダーレス男子の産みの親であり、こんどうようぢくん、とまんくんをはじめ多くの人気読モを輩出した読モBG代表の丸本貴史さん。丸本さんが考えるジェンダーレス男子とは?

 

男は男らしくとか女は女らしくという固定概念を取り払って、周りの目を気にせず自分が良いと思ったからする。という自分の意志を貫いて自分のやりたいように正直に生きている人がジェンダーレス男子だと思います。

 

 

 

 

 

―ジェンダーレス男子の代表格、とまんくんが考えるジェンダーレス男子とは?

 

ジェンダーレス男子って定義がないと思っていて、その中でもみんな一定で言えるのがメイクをしていたりレディースの服を着ていたりしている男の子だと思います。

 

 

 

 

―ジェンダーレス男子になるには身長や体重制限はある?


それは全くない!だれでもなれます!ジェンダーレス男子と言われている子の中にも、体が大きい子はいます。そういう子たちも厚底を履いて、メイクをしてレディースの服を着ている子もいるので、華奢で身長が低いからジェンダーレス男子という定義はないです。今、ジェンダーレス男子の代表格と言われている僕やこんどうようぢくんが小柄だからそう思われるだけで、ジェンダーレス男子になるのに体格は全く関係ないです。

 

 

 

 

 

―ジェンダーレス男子と言われるのに対してはどう思う?

 

嫌ではないけれど、周りが勝手に言っているだけで、自分でジェンダーレス男子だと思ったことはないです。でもジェンダーレス男子と言われるようになったおかげで活動の場が広がったので、そこに関してはとても嬉しいしありがたいなと思います。それにジェンダーレス男子と言われるようになるまで、自分って何者なんだって思っていた時期もあって。原宿男子ってわけでもないし、雑誌の専属モデルなかったから。なのでジェンダーレス男子と言われるようになって、自分のキャラが確率されたように感じます。

 

 

 

 

―とまんくんのツイッターやブログを見ていて、女子力高いなと感じることがとても多いのですが、ジェンダーレス男子はみなさん女子力が高いのですか?

 

僕もそうですけど、みんな女子力高いです。でも本人たちはそれを女子力だと思ってないし、「女子力高い」と言われるのが嫌いだと思います。美容に気をつけるのは当たり前だと思っているので、そこで男子とか女子とか区別されることが理解できないです。美容って女子だけがするものではないので。

 

 

 

 

―「女子力高い」と言われるのが嫌だとしたら、何と褒められると嬉しい?

 

僕、コンプレックスの塊で、自分の好きなところが一つもないんです。だから褒め言葉は全部嬉しい。カワイイ、かっこいい、細いとか。自分では、この体型は細くて気持ち悪いなと思うけど、ファンの子に「とまんくん、細くて羨ましいです」と言ってもらえるとこれでもいいんだと思えてすごく嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

―ここからとまんくん自身について教えてもらいたいと思うのですが、とまんくんの趣味はなんですか?


家事とゲームと美容です。家事は料理、掃除、洗濯、全部好きです。仕事で忙しい時期が続いても1時間でも時間を確保して必ず掃除します。あと料理もします。下の写メは全部自分の手作りです。「ドライカレー」と「きんぴらごぼうのせ豆腐サラダ」。ヘルシーメニューを作ることが多いです。

 

ゲームもすごく好きなんです。アイフォンにもたくさんゲームアプリが入っているし、家でもDSやプレステをしてます。完全インドア派です(笑)。美容に関しては趣味というか日課ですね。朝がゆっくりのときは、朝から湯船につかっています。お風呂のなかにパソコン持っていてHuluでアニメ見ながら、アイフォンでゲームしています。贅沢時間ですね。

 

スキンケアは化粧水、美容液、保湿クリームはマストでクレンジングやシートマスクをしながらスチーマーを使ったりもしています。あと、日焼け止めと日傘は必ず常備しています。

 

 

 

 

 

 

―さすがとまんくん…!! 美意識高いですね。日焼け止めと日傘以外に常に持ち歩いているものはありますか?

 

化粧ポーチと美白クリーム。3CEの美白クリームはマジでやばいです!塗るだけで白くなって透明感がでる!塗った後もベタベタもしないし、自然と肌をトーンアップしてくれる。朝起きて化粧する暇がないときは、洗顔した後にこの美白クリームを塗って、パウダーを塗って終わりの日もある。すごく万能です!財布は最近購入したソフィーフィルム。香水はグッチ。めっちゃいい香りがするんです。お気に入りの香りです。白いケースは、韓国で購入したコンタクトケース。鏡とケース、ピンセットが入っていてお泊りのときにも使えます。

 

 

 

 

 

―愛用のコスメは?

 

1つ目は3CEのハイライト。目の下とか鼻筋とかに使って、立体感のある肌に仕上げてます。2つ目はケイトのフェイスパウダー。これは毎日必ず使っています。最後3つ目はペリペラのウォーターティントリップ。水を塗っているような感覚で、自然と色づくのが良いし潤いも続きます。

 

 

 

 

―いまハマっているファッションアイテムは?


ワイドパンツです。最近太ろうと思っているんですけど、なかなか太れないので逆にワイドパンツで体型をカバーしようと思ってワイドパンツを履いています。あと最近、ヒールの靴を履くので、あえて股下89センチの長めのワイドパンツを買ってヒール靴を隠して、ショート丈トップスを合わせてスタイルアップを狙っています。

 

 

 

 

 

―ネイルも素敵ですね。デザインはご自身で考えているんですか?

 

 

ネイルはHOMEのミサさんにしてもらっています。デザインはいつも自分で考えていて、今回のテーマは『チョコスプレー』です。このとき髪も青くしていて、マツエクも目尻にブルーが入っているのでチョコスプレーもブルーにしてもらいました。

 

 

 

 

 

―とまんくんの好きなタイプは?


常識のある人。男らしいサバサバした女子が好きです。ファッションはかっこいい系で、NANAとか中島美嘉さんのような人が好きですね。お店に行って店員さんに態度が悪い人はいやです。お店を出るときにごちそうさまでしたとちゃんと挨拶ができる女の子が良いです。

 

 

 

 

 

―自分は絶食男子だと思う?


思います。恋愛したいなとか好きな人が欲しいなとか思うけど、出会いの場に行きたいとは思わない。いたらいいよな~ってふわっと思うぐらいです。ただ、家帰ったときに誰かいてくれたらいいなとは思います。一緒に料理できたり、掃除とか洗濯もできたりするような子だといいですよね。

 

 

 

【Profile】

とまん

1993年生まれ。宮城県出身。5人組ボーイズグループxox(キスハグキス)のリーダー。透明感のある白い肌に中性的な美貌の持ち主。2nd SINGLE『Ex SUMMER』絶賛発売中。



 



出典:巷で話題の #ジェンダーレス男子 の生態に迫る! vol.1【とまん】 [T-SITE]

キャプチャ

昨年あたりから日本で話題になっている「ジェンダーレス男子」、男女の境界線を越えたファッションやメイクを楽しむ、中性的でおしゃれ感度の高い男の子たちのことで、雑誌やテレビで特集を組まれたりもしています。そんなジェンダーレス男子たちがK-POP界にも進出しつつあります。

 進出といっても、K-POPを歌ってデビューする、ということではもちろんなく、K-POPアイドルグループの来日コンサートなどに招待され、バックステージで一緒に写真を撮って、それをSNSに載せることで、K-POPアイドルのプロモーションにひと役買うというものです。たとえば、Instagramから人気に火がつき、「Instagramアイドル」と称されるUsuke Devilは、Block B(ブロックビー)の1月のライブに招かれ、メンバー全員と撮影した写真をtwitterで紹介しました(トップ画像)。

 ジェンダーレス男子はInstagramtwitterで多くのフォロワーを抱えているため、ヘタな媒体に取材されるよりも、よっぽどお手軽で情報拡散力があるとマネジメント事務所やレコード会社は判断しているのでしょう。また、ジェンダーレス男子側から見ても、自分の憧れるK-POPアイドルに会えるというプチセレブ感を満喫できるわけで、双方でWin-Winの関係と言えそうです。

 そういえば、Block Bは昨年5月に発売した日本第2弾シングル「HER(Japanese Version)」のMVで、ゴールデンボンバー歌広場淳を起用しています。以前からBlock B好きを公言していた歌広場淳も、考えようによってはジェンダーレス男子のはしりとも言える存在ですし、ジェンダーレス男子とK-POPアイドルの親和性の高さをいち早く先取りした顔合わせだったのかもしれません。

交流は必ずSNSで披露

 Instagramで約19万人のフォロワーを誇るUsuke Devilは、日本で活動中の大人数グループApeace(エービース)のメンバーであるウォンシクとも仲がよく、ふたりのツーショット写真をInstagramにアップしています。

 また、同じくジェンダーレス男子として頭角を現している、XOX(キス ハグ キス)のリーダー・とまんとこのふたりがK-POP系ニュースサイトの企画で対談するなど、ジェンダーレスな友だちの輪がさらに広がっていきそうな気配です。

 メイクやカラコンをして舞い踊るのがK-POPボーイズグループには当たり前のことですから、日本のジェンダーレス男子のトレンド化はある意味で「K-POP化」という見方もできるかもしれません。また、もともと韓国には「オルチャン」の文化がありました。「顔(オルグル)が最高(チャン)」な美男美女たちがせっとSNSに自撮り写真をアップし、ほかの人からも「オルチャン」と認められると、どんどんネット上で人気者になり、それをきっかけにモデルやアイドルとして芸能デビューするケースがたくさんありました。

顔面至上主義の行く末は?

 そう考えると、日本での読者モデルやインスタグラマーの台頭は、韓国のオルチャン文化を踏襲したもののようにも思えてくるのです。少し前までは、一般人のシロウトが自撮り写真をSNSにアップするなんて、こっ恥ずかしいことだと思われていたと思うのですが、いまでは「恥ずかしい」なんていう感覚はもはや完全になくなりましたよね。イケメンな自分が好きで、美意識(&自意識)が高ければ、もしかしたら明日には有名人になれるかもしれない時代なのです。

 こうして世に出てきたジェンダーレス男子の代表選手GENKINGも、中性的な雰囲気が魅力の韓国の俳優兼歌手ノ・ミヌと親交があるようで、やっぱりジェンダーレス男子同士って何か響き合うものがあるのかしら、としみじみ思うのでした。

 日韓の垣根も越えるジェンダーレスな動き、これからも面白くウォッチしていきたいと思います。



出典:instagramのニュース - Usuke Devilらジェンダーレス男子とK-POP、日韓の垣根を越える友だちの輪 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN

キャプチャ

間違いなく男子なのに、スタイルやファッション、ヘアやメイクまで細部にこだわり、どこか中性的な雰囲気を醸し出す「ジェンダーレス男子」と呼ばれる若者たちが増えている。

 「ジェンダー」とは体の性別とは別に、文化的に位置づけられた“性”をさす言葉。よく言われる「男らしさ」「女らしさ」といった表現は、まさにそうしたジェンダー的な意識に基づいている。それを窮屈に感じ、誰かが決めた“らしさ”ではなく「自分らしさ」を大切にする生き方として支持されているようだ。テレビや雑誌といったメディア露出のみに頼ることなく、ツイッターなどのSNSで独自に自分のファッションや趣味を発信するというスタイルも、若者たちに共感を呼んでいる。

 支持しているのは男性だけでなく、そのルックスから女性のファンも多い。シングル曲がオリコンランキング13位にランクインするなど、歌手としても活動するカリスマ読者モデル・こんどうようぢを、ボーイズグループ「XOX」の中心メンバーとしてメジャーデビューを果たしたとまんといった代表的なモデルはすでに並のタレントを超えるフォロワー数を誇る。

 昨年末には書籍『ジェンダーレス男子』(双葉社)も発売され、話題を呼んでいる。前出の2人以外にも、とまん、かじゅ魔、ほりえりくといった人気モデルの素顔を楽しめる内容。私服SNAP、24時間密着セルフィーなどビジュアル面だけでなく、本音トークが満載の対談コーナーなど、生き方や価値観も含めて彼らの魅力に徹底的に迫った「パーフェクトスタイルブック」と銘打ち、ツイッターなどに書き込まれたファンの熱烈な感想に驚くほどだ。

 そんな本書の発売を記念して、1/24(日)WEGO原宿竹下通り店、1/30(土)WEGO大須店、1/31(日)WEGO心斎橋店と、3カ所で握手会やチェキ撮影会が開催される。イベント詳細はウェブサイトに掲載。若者世代の「新しい生き方」が気になる人は、ぜひチェックしてみよう。

ジェンダーレス男子。 [ ジェンダーレス男子 ]


出典:こんどうようぢ、とまんら人気モデルが語る「ジェンダーレス男子」という新しい生き方とは? | ダ・ヴィンチニュース

キャプチャ

「ジェンダーレス男子」という言葉をご存じでしょうか? 性別の垣根を越えた、中性的な魅力を放つ、新しいタイプのイケメンです。女装でもなければ男の娘(おとこのこ)でもありません。ジェンダーレス男子の素質を持つ星座を、ランキング形式にてご紹介しましょう。

■第1位 天秤座男性……“スッピン”で出歩くなんて考えられません!
 天秤座男性は社交的です。社交の場に出るからには、多かれ少なかれ他者の目線が気になります。いや、「多かれ少なかれ」どころか、ものすごく気になってしまうのが天秤座男性。その、「他社の目線が気になる意識」が、美しくありたいという気持ちへと発展するのです。朝夕の化粧水、乳液、美容液でのお手入れは欠かせません。いや、それだけでは物足りず、ファンデーションで肌を整えなければ気がすまないのです。化粧ポーチの中身は、女性よりも充実しているご様子。

■第2位 牡牛座男性……男がスカートはいたってええじゃないか!
 実はオシャレに興味津々の牡牛座男性! 美の天体・金星を守護星に持つので、エレガントなファッションを好みます。ところが、メンズ売り場をどれだけ物色しても、こだわりの強い牡牛座男性が満足できるようなメンズ服は取り扱っておらず……いっそのこと、レディース服デビューしてしまおうという結論に達しました。レースやフリルもバッチリ着こなす自信アリ! 「男がスカートはいたってええじゃないか!」と思っています。

■第3位 乙女座男性……女性よりもスレンダー!?
 ジェンダーレス男子の特徴は、女性並みの……いや、女性以上の「細さ」にあります。その華奢な身体つきといったら、並んで歩くのが恥ずかしくなるくらいです。乙女座男性は、その細やかな性格を活かし、徹底的にカロリーコントロールし、女性のようなほっそりとしたボディラインを手に入れる可能性を秘めています。一般的な男性が好むような、牛丼だとかラーメンには目もくれず、オシャレなカフェでマクロビランチ食べちゃうタイプです。

 第4位は水瓶座男性。爪を伸ばし、ネイルを楽しむでしょう。え? 男で爪が長いと、ベッドシーンで不便? いやいや、性的欲求よりも個性的であることを重視していますから。第5位の蠍座男性は、夜行性タイプが多いため、たまに昼間出歩くと、冬でも紫外線が気になってしまいます。年がら年中日焼け止めが手放せず、気づいたら女性以上の美白をゲット!

 第6位の魚座男性は、自分自身のフワッとした雰囲気や甘えん坊なしゃべり方を自覚しているため、男っぽさよりも、女性よりのファッションで勝負したほうが有利とわかっています。第7位は双子座男性。最近の女性たちの間で、ジェンダーレス男子ブームが来ている情報をいち早くキャッチし、目立つ髪色やカラコン装着で、流行りに乗っかるでしょう。

 第8位は射手座男性。アウトドアをこよなく愛するので、動きやすいカーゴパンツが一番ラクチンと思っています。第9位の蟹座男性は、ラクな服装をよしとするので、タイトなデザインのレディース服なんぞご勘弁です。

 第10位の獅子座男性は絵に描いたようなオラオラ系ですから、中性的な格好をすることで、女性に対してオラオラしづらくなるのが不都合と考えています。第11位は牡羊座男性。ショッピング自体、「これを買おう」と決めてから行くので、メンズ服売り場は素通りするでしょう。

 そして第12位は山羊座男性。ジェンダーレスどころか、「日本男児たる者、ふんどし一丁が似合ってなんぼ!」という考え方です。落ち着いた性格が外見ににじみ出ているので、仮に自分が中性的な格好をしても、絶対に似合わないので、遠慮させていただきます。

 考えてもみたら、ボーイッシュなファッションを好む女性と同じ感覚かもしれませんね。あなたも、ジェンダーレスな彼氏を作って、洋服や化粧品の貸し借りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

出典:12星座【ジェンダーレス男子】ランキング 天秤座男性は肌の手入れが欠かせない!? [T-SITE]

↑このページのトップヘ