ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

タグ:女装男子

キャプチャ












しらすのこうげき!(太田プロ所属)★デビュー 2016年2月 ★ボケ担当 白根陽介(21) ★ツッコミ担当 糟谷(かすや)僚一(20)

 パッと見て女性だと思ったら名前を見て男性と分かり、ビックリ。ショートカットが似合う白根は、一世を風靡した昭和の大道芸人、早野凡平さんの孫。かたや糟谷は天然系。コンビで取材を受けるのは初だが、まるでそれを感じさせない強心臓ぶりだ。本日は、まろが担当です。

 --結成のきっかけは

 糟谷「僕ら(芸能人育成の)専門学校・東京アナウンス学院出身で。僕は芸人を目指して入ったつもりが、ついタレントコースに行っちゃって。でも、芸がなければ売れないと分かり、どうしようと思ったら、たまたま白根君がお笑いをやっていたので『僕とコンビを組んでください』って」

 白根「『ちょっと考えさせて』って言いました。僕、そのとき太田プロさんに『入ってみないか』と声をかけられていたんです。その後で、糟谷君に言われたので…」

 --結局コンビを組んだ

 白根「だから僕を呼んでくれた人も、『あれ? コンビだったっけ!?』みたいな」

 --実は糟谷さんも女装に興味があった

 白根「そう。コンビを組んだときは2人で女装して漫才をやるスタイルで。『こいするお花』っていうコンビ名でした。でも、彼が女装は面倒くさいと言い始めて」

 糟谷「女装したけど、『ブスだ』って罵倒を浴びせられたんです」

 白根「2週間で芸名変更です」

 --白根さんの女装は筋金入り

 白根「僕は高校1年からずっと制服もピンクのカーディガンを着て、マイメロちゃんのネクタイをつけて、メークもばっちり。髪はもっと長かったんですけど、あることがあってバッサリ…」

 --何があった

 白根「痴漢されました。電車に乗っていて、空席がいっぱいあるのに男性が僕の横に座ってきて。ちょんと肘でバレないように胸を触るんです。で、怒らないと思ったら、膝まで触ってくる。怖いと思って。よく叫べとか逃げろとか言うじゃないですか。でも、怖いと声って出ないんだなって。それがいやでバッサリ切っちゃいましたね」

 --そんな白根さんの女装姿は

 糟谷「僕の好みなんです。ショートで金髪で。僕のドストライク」

 白根「顔をほめてよ」

 --男性としての糟谷さんは

 白根「絶対無理。僕は男性が好きなわけではないですけど、もしそうだとしても、自分で神木隆之介に似ていると言う人は無理ですね」

 --めがねを外すと確かに似ている…。そんな2人の目標は

 白根「しらすのこうげき!の名前の由来を話して、糟谷さん」

 糟谷「芸能界を海に例えたとき、弱い、このしらすがどこまでいけるかっていう…」


 --そんな深い意味が…。どっちが考えた

 白根「僕ら元々のコンビ名は『しらす』だったんです。白根と糟谷で、『しらす』でいいんじゃないかって。でも、養成所時代にインパクトがないと言われて。そうしたら、同期の芸人がコンビ名提出のときに、しらす“のこうげき!”って勝手に書き足してしまって。気づいたら、こうなっていた」

 --あれ?さっきのいい話は後付け

 糟谷「いや、後付けじゃない…」

 白根「後付けじゃん。なんで嘘つくの!? どの世界も基本、後付けですよ」

 息ぴったりの新星コンビ。芸能界の荒波を小さなしらすがくぐり抜けていく!
 

出典:キュートな女
装男子とオタク風めがね男子の仲良しコンビ、しらすのこうげき!:イザ!

キャプチャ

阿部あかねによる新作BL「花といっくん」が、2月1日に発売された。

ディアプラス(新書館)にて連載されていた同作は、2016年に刊行された阿部の前作「花にくちづけ」の続編。鈍感なメガネ男子・いっくんと女装男子の花は、たまに痴話喧嘩をしながらもラブラブな同棲生活を送っていた。そんな中、いっくんは花のためにお金を稼ぎたいと家庭教師のアルバイトを見つけたが、そこで思いがけない横恋慕をされてしまい……。

なお協力書店、中央書店コミコミスタジオ、アニメイト、ホーリンラブブックス、まんが王、漫画全巻ドットコム、いまじん白揚では、単行本の購入者にイラスト入りの特典を配布。なお発売中のディアプラス2月号には、同シリーズの最新エピソード「花のせんせい」も掲載されている。




 


出典:阿部あかね「花にくちづけ」続編、鈍感メガネ×女装男子のラブラブ同棲生活 - コミックナタリー


             

ひたすらファーハーバーのおつかいをこなす
※MOD既プレイネタバレ自重してません。ご注意下さい。

キャプチャ

チームしゃちほこが2月14日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにてライブイベント「乙女祭り 2016」を開催する。

例年バレンタイン時期に行われている「乙女祭り」。女装した男性が入ることができる“乙女スペース”が1F最前エリアに設けられ、会場に多くの“乙女”が集うこのイベントは4度目の開催となり、今回は1月24日に誕生日を迎える伊藤千由李、2月2日に誕生日を迎える坂本遥奈をそれぞれフィーチャーした2部制で実施される。チケットは本日1月8日21:00よりファンクラブ「Eしゃち本舗」にて先行予約が行われる。

また「乙女祭り 2016」の開催を記念して、昨年愛知・Zepp Nagoyaで行われた「乙女祭り」より「勝手にハイブリッド」のライブ映像がYouTubeにて公開された。この映像では当日会場に集まった“乙女”たちの写真も紹介されている。

 
 

チームしゃちほこ「乙女祭り 2016」

2016年2月14日(日)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
[第1部]OPEN 13:30 / START 14:30
[第2部]OPEN 17:30 / START 18:30

出典:今年はお台場!女装男子集うチームしゃちほこ乙女祭り - 音楽ナタリー

キャプチャ
中国メディア・中国国際放送局は17日、日本で現在「草食系男子」さらには「絶食系男子」が増加していると紹介するとともに、中国でも同様の傾向が出始めていると伝えた。

 記事は、日本国内において近年勇猛な「肉食系男子」がどんどん減る一方で「草食系男子」が増加、最近では「絶食系男子」という新語すら誕生したと紹介。また、女性同様に肌の手入れや化粧をする日本人男性が増え、女装を趣味とする「女装男子」という層まで出現したと伝えた。

 一方、多くの「女装男子」の恋愛対象はあくまで女性であり、「女装することでストレス解消しているに過ぎない」と語っていることも併せて紹介した。

 そのうえで、中国でも「男前な女性」を示す「女漢子」という言葉が生まれるとともに、多くの男性が「草食」や「絶食」に変化し始めていると説明。その背景として「男女平等の観念が浸透するなか、社会が男性に求めるものが依然として多い。求められる基準をなかなか満たせない男子が生活上のプレッシャーを抱え、ストレスフリーな生活を望んでいる」と分析した。

 さらに、「それは理解できる」とする一方、日本にしろ中国にしろ高齢化社会の試練に直面する状況で「人生に対する男たちのかくも消極的な姿勢は、家庭や社会にとって損はあれども益はなしだろう」と論じた。

 女性の権利向上は時代や社会の進歩と言えるが、何をもって男女平等とするかという議論は今もこの先も尽きないことだろう。男性が体力的に上回り、女性が子どもを生むという生理的な問題は簡単に変えられるものではなく、完全な平等などあり得ないからだ。「違い」を認めたうえで真の平等に近づくためには、やはり男性と女性の協力的な姿勢が不可欠と言えるだろう。

 確かに「女装男子」の出現は、社会的なストレス増大に伴うものというネガティブな側面もあるだろう。ただその一方で、価値観が多様化した結果というポジティブな側面も認識しなければならない。

出典:中国で「絶食系」や「女装男子」広まる? 日本と同様の傾向に - ライブドアニュース

キャプチャ

SMAP・香取慎吾が結婚に後ろ向きな39歳のこじらせ男子を演じる、TBS日曜劇場「家族ノカタチ」に、フジ月9「5→9〜私に恋したお坊さん〜」で女装男子を演じた、高田彪我がレギュラー出演することがわかった。

高田彪我が演じるのは、主演の香取慎吾が演じる永里大介の父・陽三(西田敏行)が再婚する恵(水野美紀)の息子・浩太役。

大介とは“血のつながらない兄弟”となる13歳の浩太は、行方が分からなくなった母親の恵を探し、陽三とともに、大介のマンションに居候する、口数が少なく、何を考えているのか分からないキャラクター。

月9で演じた“女装男子”と今回の浩太との違いについて高田は「いつもうきうきしているような誰とでも話せる女装男子の役なのですが、「家族ノカタチ」では誰とも話せなくてとても静かな男の子の役でそこが一番違うところ」と話し、基本無言という浩太の役作りについて「(台本で)“...”のところでどういう表情をするのか、どういう動きをしているのか、何を考えているのかなどをイメージするように心がけています。」と、役作りの苦労を話している。

この大介と同じマンションの上の階には、“結婚しない”ヒロイン熊谷葉菜子(上野樹里)、葉菜子の母親で、マンションに入り浸ることになる律子(風吹ジュン)も住んでおり、特殊な事情を抱えた二組の親子がどのように交差し、様々な想いを巡らせながら展開してゆくストーリにも注目したい。

「家族ノカタチ」は1月17日(日)21時からTBS系で放送開始される。

※高田彪我の高の字は「はしご高」です。

■高田彪我に5つの質問

(1)「5→9〜わたしに恋したお坊さん〜」と今回の「家族ノカタチ」、家族関係で苦労しているという点では共通点もあるかと思いますが、前回と似ている部分、逆に前回と違う部分をそれぞれ教えてください。

似ている部分は2人とも他の人に打ち明けられない秘密を抱いているところで、違っているところは「5→9〜わたしに恋したお坊さん〜」ではいつもうきうきしているような誰とでも話せる女装男子の役なのですが、「家族ノカタチ」では誰とも話せなくてとても静かな男の子の役でそこが一番違うところだと思います。

(2)2作品連続して注目の作品に出演。自分自身成長したと思う点はどこですか?

自分なりに、「役作りということはこういうことなんだ」とイメージ出来るようになりました。

(3)1話は終盤を除き無言。難しさや工夫した点を教えてください。

実は「...」のところが一番難しいところで、、
その「...」のところでどういう表情をするのか、どういう動きをしているのか、何を考えているのかなどをイメージするように心がけています。

(4)共演者で特によく話す人は誰ですか?撮影の雰囲気はどうですか?

西田さんとは好きな食べ物の話などをしています。
みなさんとても優しい方々で、本当の家族の様でとても暖かい雰囲気です。

(5)視聴者の皆様へメッセージを御願い致します。

僕が演じるとても静かな浩太と、浩太とは正反対な明るい性格の陽三さんと、
結婚に後ろ向きな大介さん達の関係性の変化を見て頂きたいです。


出典:SMAP・香取慎吾主演「家族ノカタチ」、「5→9」“女装男子”高田彪我が出演 - music.jpニュース

キャプチャ

台湾 女装男子、露出しすぎの非難に「私の体の事は私が決める」と反論


台湾メディアによると、台湾のバラエティ番組「大学生了没」に出演したKiwebaby(張朶)は女装する男性だ。22日に空港で撮影した動画を公開したが、「露出しすぎる」と集中砲火を受け、反論した。

 

Kiwebabyは22日、空港で「私は本当にアンジェラベイビーではない。そっくりだと知っているが、私は私だ」とする動画を撮影した。黒いブラジャーが見え隠れし、大きな動きで巨乳がもう少しで出るところだった。身なりについて、ネット上では、「露出しすぎる」と非難され、「服をちゃんと着ろ」と求められた。

 

Kiwebabyは非難に対し、わざと露出するわけではなく、豊胸手術を受けたばかりだと反論し、「心はつらい」とした。セクシーな身なりは、体を鍛えることが好きな男性がその成果を誇示するように、自信を表現する方式だ。Kiwebabyは「私の体の事は私が決定する」とした。


キャプチャ
 



出典:台湾 女装男子、露出しすぎの非難に「私の体の事は私が決める」と反論 | 新華ニュース 中国ビジネス情報

↑このページのトップヘ