ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

タグ:桐谷健太

キャプチャ

ついに2月25日(土)より公開となる『彼らが本気で編むときは、』。
『かもめ食堂』や、『めがね』などで、日本映画の新しいジャンルを築いてきた荻上直子監督の5年ぶりの最新作だ。
本作は、優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)、そしてそんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモの3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの物語を描く。
リンコを優しく支える恋人・マキオを演じた桐谷健太。

桐谷と言えば、「元気」「明るい」キャラクターでおなじみだが、今回は今までの印象を180度違う、心優しくておっとりした雰囲気を持ちながらもトランスジェンダーであるリンコ(生田斗真)を支える役どころ。

マキオは世間の常識と思われている事柄にはとらわれたり惑わされたりせず、真っ直ぐに大切な事を見つめ、彼女を支える。

そんなマキオに対して、「きちんと大切なものを見つめる事ができる男性」として試写を見た女性をはじめ、キュンキュンしてしまったという感想が上がっており、桐谷の従来のイメージとの違いへの驚きも含め、注目を集めているのだ。
本作の主演に迎えられたのは、生田斗真。
性別を越えて、トランスジェンダーの女性役・リンコという難役に挑んでいる。

さらにリンコを生涯のパートナーとして支える優しい恋人役・マキオには桐谷健太。
子役にはオーディションで輝く才能を見せ、本作が映画本格デビューとなる柿原りんかを起用し、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦といった人気と実力を兼ね備える女優陣たちがメインキャストに名を連ね、本作を支えている。
桐谷といえば、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』では特殊メイクを施し臨んだ緑鬼や、『バクマン。』でも口が悪いものの面倒見がよく、漫画に対して情熱的な一面を持つ福田真太を演じるなど、”アツイ男”のイメージが強いが、今回桐谷が演じるマキオは、物腰が柔らかく、穏やかで落ち着いた雰囲気漂うキャラクター。そんなマキオについて桐谷は、『自分のこと以上に本気になって、喜べたり悲しめたりするひとだと思う』と語るように、リンコを一途に想い、嬉しいときも悲しいときも寄り添いながら支え、母親が家出をし一人きりになったトモに対しても、愛情をもって受け入れるような、物静かな見た目とは裏腹に、器が大きく男らしい一面を兼ね備える”ギャップ”を持っている。
今回のマキオ役を演じるにあたって、桐谷は荻上監督の旦那さんや、トランスジェンダーの友人からヒントを得たといい、『リンコさんを女性として守っていくこと、マキオの器の大きさや男らしさなども考えて、監督が想像しているマキオと、自分が想像しているマキオ像とをやわらかく一緒にしていった』と語っており、桐谷自身も”本気で”マキオと向き合う姿が垣間見える。
さらに最近では、本作でのマキオ役を始め、ドラマ『水族館ガール』ではヒロインに冷たく当たるぶっきらぼうな先輩役を、『カインとアベル』でも成績優秀でありながらも常に完璧でいなければならないというプレッシャーを抱える副社長役を演じるなど、これまでのイメージとは一味違う役柄にも次々とチャレンジし続ける桐谷は、今月5日に誕生日を迎え37歳に!

年を重ねるごとにますます俳優としての深みを重ねている”カメレオン俳優”桐谷健太の活躍に、今後も目が離せない。
そんな桐谷健太出演の話題作『彼らが本気で編むときは、』は、
2月25日(土)より全国ロードショー。
出演:生田斗真、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、門脇麦、柏原収史、込江海翔、りりィ、田中美佐子/桐谷健太 ほか
脚本・監督:荻上直子  配給:スールキートス
公式ウェブサイト http://kareamu.com

出典:“トランスジェンダーの女性”を優しく支える“超おだやか男子”を演じた桐谷健太。イメージとのギャップの大きさにも注目♡ 映画「彼らが本気で編むときは、」 | iLIP【イケメンニュース満載♡】

キャプチャ

俳優の生田斗真桐谷健太が18日、映画『彼らが本気で編むときは、』の編みポスターお披露目イベントおよび完成披露舞台挨拶に柿原りんかや、ミムラ門脇麦田中美佐子、萩上直子監督らと登壇(門脇と田中は舞台挨拶のみ)。恋人を演じた生田と桐谷は、息の合ったトークを展開した。


 本作は、性別の枠を越えた生き方を模索した意欲作。トランスジェンダーの女性リンコと恋人のマキオ、そして二人の間に入る愛を知らない少女トモの三人が織りなす60日を活写する。イベントでは今回、編み物をテーマとした本作にちなんで、約100名で手がけた特製の編みポスターも披露された。

 生田が扮するのは、トランスジェンダーの女性リンコ。「トランスジェンダーの女性の役を頂くことはこの先二度とないかもしれない。想像していた以上の苦労があって、大変な作業でした。声の発声方法も所作、何より女性の気持ちになることが、なかなか考えたこともなかった。自分の中に母性があふれ出てくるのを感じながら演じられて、充実した日々でした」と撮影時を述懐。そして「俳優人生の中でも最も苦労した役」だと自負した。

 リンコを受け入れる恋人マキオを演じるのは桐谷。「最初は斗真もすごい苦労したと思う。気持ちだけじゃなくて、体の角度だったり手の動きだったり大変なことがたくさんあったと思う。本当に、日に日にリンコになって、美しくなっていくのがマキオとして嬉しかった」と絶賛。生田と「チューもしたしな」と声を掛け合った。

 トモ役の柿原も「撮影中は優しい“お姉さん”でした。全てを包み込むような穏やかな強さがあって、思わず見とれてしまいくらいキレイでした」と手放しで称賛。監督は「最後のほうは匂いまで女っぽくなった」と褒めながらも「特別なクリームを使っていたらしい」と“ネタばらし”した。

 舞台挨拶の終盤には、生田が本作の共演者にして昨年亡くなったりりィに言及。撮影中、自信がなくて悩んでいるときに「近寄ってきてくれて、『すごくステキよ、大丈夫よ』と言ってくれて、勇気づけられた、すごく大好きな先輩です」と万感の思いを吐露。しんみりムードが漂う会場で、最後に桐谷が生田へ「大好きだぞ」と愛を告白。黄色い歓声を巻き起こした。

 映画『彼らが本気で編むときは、』は2月25日より全国公開。また、イベント内ではベルリン国際映画祭のパノラマ部門・ジェネレーション部門で上映されることが発表された。


出典:桐谷健太とチューも…生田斗真、トランスジェンダー役は「最も苦労した」 - エキサイトニュース

↑このページのトップヘ