ミラクル少年団

女装・女装男子・女装子・女装娘・男の娘 ミラクルな人たちを応援する情報まとめサイト

タグ:GENKING

キャプチャ


男性との8年間は「自分の人生を捨てても彼を支えよう」と、全てを相手に捧げたとし、同性の事実婚についても提案されたが、断ったことも明かした。

 自らの“事実婚”について明かした上で、同性婚については「性別とかの前にお互いがどうなりたいじゃないかな?まずさ、男とか女の前に人としてどうなの?って思うし、同性婚を批判する人も居るけど、まず、他人の人生を周りがとやかく言う必要があるのかって思う。2人が良いと思ってるなら、その関係に部外者が口出しする必要がないし、人の幸せを壊す権利なんて無いよね!!とにかくね、同性婚なんて自分がその立場にならなきゃ本当の辛さや意味なんて分からないのよ笑 同性愛をした事がない人が、とやかく言うなって思う!!」と批判の声を批判した。

 また、あえて賛否両論を覚悟した上でブログで同性婚について言及したことを説明し、「人の人生を貴方がとやかく言う程、あなたは人としてシッカリしてるのですか?とやかく言う人に限って、小さい人間が多いので僕は全く気にしません」と批判の声についてコメント。

 自身の同性婚の可能性については「まあ事実婚とか同性婚とか、そんな紙切れだけの絆よりも、僕はもっと大事なことがあると思うので、すぐに結婚したいとか全く思ってません!!」とし、「8年付きあった彼みたいに、自分の人生を捨てても彼を支えようと思える人に出会う時は、同性婚をするかもね」と付け加えた。

 





GENKING 同性婚批判に持論/芸能/デイリースポーツ online

キャプチャ


【モデルプレス】“ニューキャマ系美男子”として人気を集めるタレントのGENKINGが、自身のセクシャリティーを改めて説明した。

 GENKINGは年齢や本名は一切非公表ながら、そのモデル級のルックスに加え、抜群のファッションセンスでInstagramを中心に“謎の美男子”として話題に。最近は「スッキリ!!」(日本テレビ系、月~金曜あさ8時)で新コーナーを開始するなど、テレビ番組でも活躍。元恋人は男性俳優だと公言しているが、自身をおネエ系ではない“ニューキャマ系”と定義し、「中性的なトップになりたい」と表明。「やーよ!」というフレーズを連発するなど、独特なキャラクターで注目を集めている。


◆“ユニセックス系”であることを強調

GENKINGは、尊敬する芸能人を美輪明宏と公言。これまでもテレビ番組やブログで、自身のセクシャリティーについて、「男っぽい日とか女っぽい日とか、朝起きたら今日は男っぽい日だなみたいな」と日によって性別を使い分けると説明。4月には「僕は、オネエ系じゃなくて、性別なんか関係ないよね!!のジェンダーフリーの代表になりたい」と表明していた。


“ネオイケメン”GENKING「オネエ系って言われるけど…」自身のセクシャリティーを説明 - モデルプレス

キャプチャ


サラサラの金髪ロングヘアで、「や~よ!」という口癖で人気急上昇中のマルチクリエーターでタレントのGENKINGさんが、6月20日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に出演。今後の目標について「オネエって言われないようなキャラになりたい。平成の美輪明宏さんになりたい」などと抱負を語った。日刊スポーツが報じた。

■3月にテレビ初出演、Instagramは30万人フォロワー

GENKINGさんがテレビに初登場したのは、2015年3月1日放送の「行列のできる法律相談所」。そのイケメンフェイスと、繰り出されるオネエ口調とギャップが視聴者たちの興味を引いた。年齢や本名は一切非公表ながら、そのモデル級のルックスとファッションセンスで注目を集めている。著名人とのツーショットも反響が呼び、Instagramのフォロワーは30万人を超えている。

タレントになる前は「8年間、専業主婦をやっていた」(旦那は男性)というGENKINGさん。半年前までOLとして働いていたが、もともとはヘアメイク・スタイリストで、自らのファッションブランドを立ち上げているマルチクリエイターだったため、芸能人との交友があるのだという。




GENKINGってどんな人? オネエキャラじゃない「平成の美輪明宏さんになりたい」

↑このページのトップヘ